妊娠中にサプリメントは摂っていいの?

葉酸サプリメントランキング 「赤ちゃんのために知ってほしい、正しい葉酸の知識」

赤ちゃんのために知ってほしい
正しい葉酸の知識

CLEAR

妊娠中のサプリメント利用はOK?

妊娠中、特に体調の安定しない妊娠初期は、栄養がきちんと摂れなくなることで、不安をおぼえる人も多いことでしょう。そんな時、サプリメントなどを使って栄養を補うことをすすめる声も聞かれます。

口に入れるものに対しては、何かと敏感になる妊娠中ですから、「サプリを飲んで大丈夫?」なんて疑問に思ってしまうかもしれませんね。妊娠中は、サプリメントを利用してもいいのでしょうか?

OK?NG?妊娠中のサプリメント

妊娠中のサプリメントの利用については、さまざまな意見があります。現代の日本人は、野菜不足が深刻化し、必要な栄養素がきちんと摂取できている状態とは言い切れません。そうした中で妊娠し、つわりが始まって思うように食事ができなくなると、赤ちゃんの成長に必要な栄養を補いたいと思っても、難しくなりますよね。そんな時には、手軽に飲めるサプリメントで栄養を補給するのもひとつの方法です。

ただ、一方では、品質や規格が一定ではないサプリは、妊婦や胎児にどのような影響があるのか、明らかではないという意見もあります。また、ビタミンAやビタミンDなどは、過剰摂取によって胎児に奇形などの影響が出るリスクが高まると言われていることから、安易にサプリメントを利用することを避けるべきであるとも言われています。

しかし、サプリメントは薬ではなく、食品のひとつですから、どんな成分がどれだけ配合されているのか、1日に飲む量で、どれくらいの栄養が補えるかをきちんと理解した上で、用法用量を守って利用するのであれば、大きな問題はないと考えられます。もしも心配な場合は、かかりつけの産婦人科医に相談して、オススメのサプリメントを教えてもらうのもひとつの方法ですね。

サプリメントを選ぶ時はココに気をつけて!

口に入れるものに対して、最新の注意を払いたい妊娠初期。サプリメントを利用するなら、どんな点に気をつければいいのでしょうか? 以下に、そのポイントをあげてみましょう。

無添加または添加物が少ない
妊娠中は、できる限り余計なものを体の中に入れたくないと考えるものですよね。食品同様、サプリも添加物がなるべく少ないものを選んでみましょう。最近では、サプリも無添加のものが増えてきていますから、成分表示をよく見て確認してくださいね。
必要な栄養素が過不足なく摂れる
サプリメントを選ぶ時は、何の成分がどれくらい含まれているかを必ず調べましょう。特に、過剰摂取の危険があるビタミンAやビタミンDについては、配合量に気をつける必要があります。また、赤ちゃんの成長のために大切な葉酸は、厚生労働省が健康補助食品などから400μgを目安に摂取することを推奨しているため、1日に飲む量で400μgがしっかり補えるサプリを選びましょう。
企業、ブランドが信頼できる
有名な企業だから、サプリも確実に優れているとは一概に言い切れませんが、やはり販売数が多く、口コミなどで評価が高い、そして雑誌などで取り上げられているブランド、企業のサプリは信頼度が違います。ホームベージや口コミなどをよく読み、本当に信頼できると思ったサプリを選んでみましょう。

サプリを上手に活用してマタニティライフスタート!

葉酸サプリメントガイド さとみ

食事が思うように摂れなくなってしまう妊娠初期には、サプリメントで栄養を補うことも大切です。サプリメントは薬ではなく、食品ですから、選び方に気をつけて、1日に飲む量をきちんと守って利用する分には、それほど心配することはありません。もしも不安がある場合は、産婦人科の医師や助産師、栄養士などに相談した上で、必要であればサブリを利用することを検討してみましょう。

サプリを利用する上で気をつけなければならないのは、ビタミンAやビタミンDの過剰摂取、そして、葉酸の配合量です。また、添加物の有無や安全性、サプリを販売する企業の信頼性など、さまざまな面から考慮して、よりよいサプリメントを選ぶようにしましょう。

健康的なマタニティライフを贈るためにも、妊娠初期からサプリを上手に活用することを、ぜひ心がけてみてくださいね。