妊娠中のストレスやイライラはなぜ起こる?原因と解消法は?

葉酸サプリメントランキング 「赤ちゃんのために知ってほしい、正しい葉酸の知識」

赤ちゃんのために知ってほしい
正しい葉酸の知識

CLEAR

妊娠中にすぐイライラしてしまうのはなぜ!?

イライラしている妊婦

妊娠してからわけもなくイライラしたり、すぐに落ち込んだりすることはありませんか?ささいなことで泣いてしまったり、すぐにカッとなってしまったりすることも増えたと感じるかもしれません。妊娠中は、ホルモンの影響や体の変化などにより、精神的に不安定になりやすい状態が続きます。

しかし、妊婦さんがストレスをためてイライラしてしまうと、自分の体だけではなく、お腹の赤ちゃんにもよくない影響をもたらす可能性があると言われています。ここでは、妊娠中のイライラの原因を知り、上手に気持ちを切り替えるための方法を考えてみましょう。

妊娠中のイライラ・情緒不安定、なぜ起こる?

イライラしている妊婦

とにかく精神的に不安定になりやすい妊娠中。お腹で大切な赤ちゃんを育てる幸せな期間のはずなのに、妊婦さんはいつもイライラ。ストレスがたまり、旦那さんとも喧嘩が絶えないという家庭も珍しくはありません。一体、何が妊婦さんをそんなにイライラさせてしまうのでしょうか?

妊娠中のイライラや情緒不安定の原因は数多くあげられます。さまざまなイライラの原因となり得る事柄を妊娠期間ごとにあげてみましょう。

妊娠初期のイライラの原因

妊娠初期のイライラ、その原因は何と言ってもホルモンバランスの変化にあります。妊娠初期はプロゲステロンというホルモンが一気に増加し、気分を不安定にさせてしまうと言われています。また、つわりによる不快な症状や妊娠に対する漠然とした不安も、情緒不安定の原因となるでしょう。

妊娠中期のイライラの原因

妊娠中期になるとホルモンの増加はやや緩やかになりますが、この時期、お腹が大きくなり始めたり、体毛が濃くなったりと、妊婦さんらしい体へと変化します。便秘や頻尿、貧血などのマイナートラブルも増えるなど、めまぐるしく変わる自分の体に対しての不安が募り、イライラしてしまうと考えられます。

妊娠後期のイライラの原因

妊娠後期に入ると、エストロゲンとプロゲステロンの両方のホルモンがますます増加し、イライラの原因となってしまいます。そして、大きくなったお腹によって動きにくくなるだけでなく、胃腸が圧迫され、食欲不振や便秘、胸焼けなどの症状を引き起こします。胎動も激しくなり、時には痛みを感じることもあります。こうした不調が続くと、それだけでストレスがたまってしまいますね。そして、いよいよ迫ってきた出産に対する不安や恐怖感、子育てについての心配などもあり、不安定な気持ちになりやすいのです。

原因の多くは夫の態度にもある!?

イライラしている妊婦

妊娠中のイライラの原因は、ホルモンや体の変化、マイナートラブルによるものだけではありません。実は、多くの妊婦さんが「旦那にイライラする」「夫のせいでストレスを感じる」と口にしているのです。それでは、夫のどんなところに妊婦さんはイライラを感じるのでしょうか? 主なものをあげてみましょう。

目の前での飲酒、喫煙

妊娠するとタバコはもちろんのこと、お酒も控えることになります。妊婦さんと赤ちゃんのことを考えれば、目の前でタバコをプカプカなんてできるわけがありませんが、気遣いのない夫にタバコを吸われてイラっとすることもあるようです。また、赤ちゃんのことを考え、お酒を我慢している妻を前にして平気で飲酒している夫の姿にも、イライラするのです。

「妊娠は病気じゃない」という態度

妊娠は、女性にとって人生で最も大きな体の変化とも言うべきもの。しかしそれに理解を示さず、つわりやマイナートラブルで苦しんでいる妻にねぎらいの言葉をかけることもなく、「病気じゃないんだから」「大したことはない」と言わんばかりの冷たい態度を取る夫も、ストレスの原因です。

家事を手伝わない

妊娠中は、それまでできていた家事も大変になり、できなくなることがあります。しかし、夫に手伝って欲しいと頼んでも何もしてくれなかったり、今までの生活を変えようともせず、家事に協力してくれなかったりすると、「出産後もこんな調子で大丈夫?」と不安になるとともに、イライラが募ります。

体の変化を笑う

お腹が大きくなってきたのを「太ってきたね」と笑ったり、体調が悪くて身だしなみに気を遣うことができなくなったのを「オバサンになった」と蔑んだりする夫の思いやりのない言動は、傷つくとともに最大のイライラの原因ですね。

男性にとって妊娠は実際自分が感じることのないものであるため、辛さや大変さを想像できないのかもしれません。その想像力のなさが、妊婦さんを精神的に追い詰めているのです。こうした無神経な言動がイライラに拍車をかけ、夫婦喧嘩に発展してしまうこともあるでしょう。

イライラの原因が夫にあると感じる場合は、やはりきちんとコミュニケーションを取り、自分の状況を理解してもらうことが大切。不毛な言い争いを避けるためにも、カッとなった時は別室に移動したり出かけたりして一度夫と離れ、気持ちが落ち着いた時にゆっくりと話し合ってみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんへの影響も?ストレスを解消するために

妊娠中のストレスを解消している妊婦

このように、妊婦さんはさまざまな原因により、妊娠期間中を通して不安定でイライラした状態が続きやすくなります。しかし、こうしたイライラはお腹の中の赤ちゃんに良くない影響をもたらすおそれがあることがわかってきました。

ストレスは、血流に影響を与えるため、子宮への血流量が低下して赤ちゃんのが栄養不足になる可能性があると言われています。また、妊婦さんがストレスを感じることで、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールが増えると、それが赤ちゃんの心拍や胎動を減らすというデータがあるそうです。そして、このコルチゾールの影響が赤ちゃんの神経系の発達にも及ぶ可能性があることも、海外の実験で明らかになっています。

それでは、ストレスを解消し、イライラの少ないマタニティライフを送るためにはどんなことに気をつければいいのでしょうか?イライラ解消に役立つ方法には、次のようなものがあります。

自分だけの時間を大切にする

誰にも邪魔されず、1人で過ごす時間を持ちましょう。そして、自分の好きなことをして日頃のストレスから解放されましょう。何も考えずに趣味に没頭したり、ゆっくり映画を見たり本を読んだり…、こうした時間は、赤ちゃんが生まれるとなかなか持てなくなりますので、妊娠中に思う存分好きなことをして楽しむ時間を作りましょう。

赤ちゃんに語りかける

お腹の赤ちゃんに語りかけることも、ストレス解消につながります。ゆったりした気持ちで話しかけ、赤ちゃんとコミュニケーションを取っていると、不思議と気持ちも安らいできます。朝起きた時、夜寝る時など、その時々に合わせて赤ちゃんに声をかけてあげましょう。

規則正しい生活を送る

睡眠不足や偏った食事は、体にとってのストレスになります。十分に休息を取り、栄養バランスのとれた食事を心がけて体調をととのえれば、心の不調を感じることも少なくなってくるかもしれません。

妊娠中の友達とお喋りをする

夫の理解がなかなか得られない時や、周囲の声に悩まされてしまう時は、同じく妊娠している友達と悩みを共有し、共感しあってみるのもひとつの方法。もちろん、妊娠のことや赤ちゃんのことだけでなく、趣味のこと、世間話など、いろいろな話をしてストレスを発散してみましょう。

ストレスを上手に解消してイライラのない生活を

葉酸サプリメントガイド さとみ

妊娠中、ホルモンの影響や体調不良などが重なってイライラしてしまうのは仕方のないことです。しかし、イライラするのは妊婦さん自身はもちろん、誰のせいでもありません。「今はそういう時期なんだ」と割りきって、上手にストレスを解消して過ごしましょう。

夫や周囲の人の声がストレスの原因になっている場合は、あらかじめイライラしやすい状態であることや、体の変化や体調のせいでナーバスになっていることを伝え、理解を求めておくことも、ストレスから身を守ることにつながります。

また、たまには仲の良い友人とお喋りをしたり、1人でゆっくり好きなことをして過ごしたりと、自分なりのストレス解消方法を実践し、規則正しい生活を心がけながら、お腹の中の赤ちゃんと過ごしてみましょう。人生でそう何度もあるわけではないマタニティライフを、豊かな気持ちで楽しみたいですね。