妊娠初期にオススメの食品と栄養

葉酸サプリメントランキング 「赤ちゃんのために知ってほしい、正しい葉酸の知識」

赤ちゃんのために知ってほしい
正しい葉酸の知識

CLEAR

妊娠初期はどんな栄養素が必要なの?

妊娠初期、赤ちゃんはお腹の中でぐんぐん成長していきます。たとえ超音波検査などでは豆粒くらいにしか見えない赤ちゃんも、活発に成長を続け、脳や神経など、大切な器官を作り上げていくのです。

それだけに、この時期はママも栄養に気を配らなければと思いがちですが、体調が思わしくなかったり、つわりが始まったりして、思うように食事ができなくなってしまうことも多いもの。そんな妊娠初期にオススメしたい食事の摂り方や栄養についてお伝えしましょう。

妊娠初期に意識しておきたい栄養素

妊娠初期、つわりがまだ始まらない時や、体調が良い時は、次のような栄養素を意識して摂取するように心がけて、食事をとりましょう。

葉酸
葉酸は、妊娠初期には特に必要不可欠な栄養素です。赤ちゃんの神経が作られる時期だからこそ、しっかり摂取できるよう心がけましょう。葉酸が豊富な食品は、ほうれん草ブロッコリーアスパラいちごなどです。体調が良い時は、こうした野菜類から葉酸を補えるようにしたいですね。
鉄分
鉄分は、妊娠前から引き続き大切になる栄養素です。妊娠すると、鉄分はどんどん不足しがちになりますから、妊娠初期のうちから積極的に補うようにしておきたいですね。鉄分は、レバーほうれん草のほか、切り干し大根高野豆腐などにも含まれています。栄養のバランスやカロリーを考えても、和食を心がけることは大切ですから、切り干し大根、高野豆腐はぜひ利用してみましょう。
タンパク質
お腹の赤ちゃんが成長するためには、タンパク質が必要です。タンパク質はアミノ酸から作られますが、その中でも必須アミノ酸は成長にとって特に大切になります。そのため、必須アミノ酸を含むタンパク質を摂取するように心がけましょう。必須アミノ酸を含むタンパク質は、乳製品牛肉豚肉鶏肉などの動物性食品に多く含まれます。バランスよく食事に取り入れていきたいですね。

つわりの時期は食べられるものでOK

つわりが始まると、味覚が変化したり、吐き気がしたりして、食べ物を受け付けなくなってしまうことがあります。そんな時は、栄養が足りなくなるのではないかと心配になりますね。

しかし、妊娠初期の赤ちゃんは、まだまだ体も小さいため、大量の栄養を必要としているわけではありません。そして、ママの体にある栄養から、赤ちゃんに必要な栄養が自然に補われる仕組みになっているため、食事ができないことをそれほど深刻に考える必要はないと言われています。

「栄養をきちんと摂らなければ」と無理をして食べて、かえって体調を崩してしまったり、ストレスをためてしまったりしてはいけませんから、この時期は割りきって、「食べられるものを、食べたい時に、食べたい分だけ食べる」と考えてOKです。

ただ、その中でも葉酸だけはサプリなどを使っても補うように心がけましょう。葉酸は、赤ちゃんの神経が発達していく妊娠初期には欠かせない栄養素であるとともに、普段の食事だけでは不足してしまう可能性が高いため、サプリなどの利用がすすめられています。

そして、食事ができなくても、水分補給は忘れずに。水分が不足すると脱水症状を起こしやすくなります。また、水分が足りないと血流が悪くなってしまいます。血流を良くしておくことは、赤ちゃんに栄養を届けるためにも大切ですから、少しずつでも水やノンカフェインのお茶などを飲むようにしましょう。

無理せず、意識できる時に栄養を考えて

葉酸サプリメントガイド さとみ

妊娠がわかると、赤ちゃんのために食事にも気を遣わなければという気持ちも芽生えてきますよね。しかし、つわりや体調不良などで、思うように食事ができなくなるのが、妊娠初期。栄養を意識することはとても大切なのですが、やはり無理をすることはよくありませんから、体調が思わしくない時には、栄養のことはひとまず置いておき、食べられるものを食べるようにしましょう。

ただ、その中でも忘れてはいないのが、葉酸の摂取です。葉酸は、妊娠初期に最も必要となる栄養素ですから、つわりや体調不良で食事ができなくても、サプリなどを利用し補うことを忘れないようにしましょう

そのほか、妊娠初期に必要になってくるのは、鉄分やタンパク質など。無理をしない程度にこうした栄養素を食事から取り入れられるよう、工夫してみてくださいね。