いつから始まる?いつ終わる?辛いつわりの時期と軽減方法

葉酸サプリメントランキング 「赤ちゃんのために知ってほしい、正しい葉酸の知識」

赤ちゃんのために知ってほしい
正しい葉酸の知識

CLEAR

もうイヤ!つわりを少しでも楽にするために

つわり

妊婦さんを悩ませるマイナートラブルの中でも、つわりはその辛さや期間において群を抜いて厄介なもの。つわりは個人差が非常に大きく、まったく症状がない方もいれば、入院せざるを得ない方もいます。ごくまれですが、ママと赤ちゃんの命に関わるほど重症の方もいるのです。

そんなつわりは、終わるまでただひたすら耐えるしかないのでしょうか?そもそも、つわりはいつから始まって、いつ終わるものなのでしょうか?ここでは、つわりの時期や、つわりの辛さを少しでも和らげるためにできる対策についてお伝えしましょう。

つわりはいつからいつまで続くもの?

つわりに悩む妊婦

妊娠がわかってすぐ、あるいはわかる前からあらわれるつわりの症状。吐き気や嘔吐、眠気、だるさなど、さまざまな不快さで多くの妊婦さんを悩ませるマイナートラブルです。

つわりの原因については、妊娠初期のホルモンの変動や、それに伴う自律神経の乱れ、精子や胎児を異物としてみなすための母体の反応など、さまざまな説があるものの、まだハッキリとはわかっていません。また、つわりの症状は非常に個人差が大きいため、いつからいつまで続くのか、そしてどうすれば治まるのかといったことも、明らかになっていないのが現状です。

しかし、多くの傾向として、つわりは早い人で妊娠4週頃から徐々にあらわれ始め、妊娠8〜10週にピークに達し、その後12週前後で終りを迎えるようです。ただ、あくまでもこれはひとつのモデルケースであり、中にはつわりを感じない場合や、妊娠後期、はては出産するまでつわりが続く場合もあります。

また、つわりの症状も人によって千差万別です。さまざまなつわりの症状のうち、以下に代表的なものをあげてみましょう。

吐きづわり
つわりといえば、急に手で口を覆って「ウッ」と言いながら洗面所に駆け込む……というドラマのような場面を想像するかもしれません。しかし、つわりの吐き気は、まるで常に船酔しているかのように絶え間なく持続し、起きている間中ずっと気持ちが悪いことが多いもの。常に胃がムカムカしてご飯が食べられなくなったり、胃が空っぽになっても吐いてしまったりすることもあります。
食べづわり
食べている時は平気だけれど、常に何かを食べていないと吐き気を感じて辛いのが、食べづわり。空腹を感じると吐き気が強くなるため、それを軽減するために過食気味になってしまい、体重が増加しやすいのが悩ましいところです。
眠りづわり
とにかくひたすら強い眠気に襲われる眠りづわりは、眠いだけでなく、集中力や注意力が低下したり、ぼーっとしてしまったりするため、家事や仕事などもままならず、日常生活に大きな支障が出てくることもあります。
よだれづわり
唾液の分泌が多くなり、よだれがどんどん出てくる、飲み込めないという不思議なつわりもあります。唾液が口の中にたまると気持ちが悪くなるため、常に吐き出さなければならないというとても不快な症状です。
匂いづわり
さまざまなものの匂いに敏感になってしまい、今まで平気だった匂いにまで吐き気を催すのが、匂いづわり。他人の体臭や食べ物の匂い、洗剤の匂いなど、あらゆるもので気分が悪くなってしまいます。

つわりを軽減させる方法はある?

つわりに悩む妊婦

人によって症状が大きく異るつわり。それを軽減させるために有効だと考えられる方法は、次の通りです。辛い時期でも、少しでも気分よく過ごせるよう、妊婦さん自身が工夫することも大切です。

無理をしない
つわりの時期の鉄則は、無理をしないということ。気分が良くない時はできるだけ横になって過ごし、家事や仕事をする時は、疲れたと感じる前に休憩を入れるようにしましょう。また、寝不足になるとつわりの症状が悪化することが多いものです。しっかりと睡眠時間を確保できるよう、心がけましょう。
水分補給をしっかりと
吐きづわりやよだれづわりの場合は特に、嘔吐や唾液を吐き出すことで水分が不足しがちになります。脱水を防ぐためにも、水分補給はこまめに行いましょう。氷を口に含んでおくのもよい方法です。
気分の良い時はリフレッシュを
つわりがあるからといって家にこもってばかりでは、精神的に落ち込みやすくなってしまいます。つわりには妊婦さんの精神状態も大きく影響しますから、気分が良い時は少しでも外に出て散歩をしたり、友達とお喋りをしたりして、リフレッシュする時間を設けましょう。
食べられるものを食べて
妊娠中は、赤ちゃんのために三食栄養バランスのよい食事を心がけたいところ。しかし、つわりで吐き気がひどい時や、食べ物の好みが偏っている時は、無理をしてまでバランスの良い食事にこだわる必要はありません。食べられるものを無理のない範囲で食べましょう。この時期の赤ちゃんはまだ体も小さく、自分に必要な栄養をママの体から優先的にもらっているので、心配はいりません。
葉酸サプリを摂取する
赤ちゃんの成長をサポートする葉酸は、妊娠初期には欠かせない大切な栄養素です。つわりの時は、なかなか食事から葉酸を摂取できなくなりますので、サプリを利用してしっかり葉酸を補いましょう。また、葉酸サプリに一緒に含まれることの多いビタミンB6は、つわりの症状を緩和すると言われています。赤ちゃんのため、そして自分自身のために、ビタミンB6が配合された葉酸サプリを利用しましょう。

もしも、こうした対策をとっていてもつわりがどんどんひどくなり、何度も吐いて水分も摂れない、体重が極端に減ったなどの症状が出た場合には、妊娠悪阻という治療が必要な状態になっているかもしれません。つわりだからと我慢しすぎず、辛い時は遠慮なく産婦人科で相談しましょう。

つわりの時期を上手に乗り越えるために

葉酸サプリメントガイド さとみ

多くの妊婦さんが悩むつわり。しかしその症状は、いつか必ず終わります。長い人では出産直前まで続くこともまれにありますが、それでも、赤ちゃんを産めばつわりの終わりもやってきます。

吐き気や眠気、異常な食欲など、さまざまな辛い症状を完全になくす方法はないものの、日常生活においてちょっとしたことに気をつけるだけでも、つわりの症状は和らぐことがあります。無理をせず、ゆったりと過ごすこと、こまめに水分補給をすること、適度に気分転換することなどを心がけて、つわりが終わるその日まで、あまりネガティブにならずに過ごしたいですね。

また、つわりの時期は赤ちゃんにとって大切な葉酸や、つわりの症状を緩和すると言われているビタミンB6をサプリから摂取することがオススメです。妊娠直後におすすめの葉酸サプリランキングでは、つわりの時期でも飲みやすく、さまざまな栄養が摂取できるマルチビタミン系の葉酸サプリをご紹介していますので、つわりの時期の栄養補給にお役立てくださいね。