葉酸を摂り忘れてたけど大丈夫!?

葉酸サプリメントランキング 「赤ちゃんのために知ってほしい、正しい葉酸の知識」

赤ちゃんのために知ってほしい
正しい葉酸の知識

CLEAR

今まで葉酸サプリを摂っていなかったママへ

赤ちゃんのためには、妊娠前から摂取していることが必要であると言われている葉酸。今まで意識して摂取してこなかったのに、妊娠がわかってから葉酸が大切だということを知って、焦ったり不安になったりしてしまう妊婦さんも多いかもしれませんね。

妊娠初期に葉酸を摂り忘れていたという場合でも、問題はないのでしょうか? また、これから葉酸を摂取し始めることに、意味はあるのでしょうか?

実際は少ない? 葉酸サプリを飲んでいる女性の割合

葉酸は、妊娠する前から摂取していないと意味がないとも言われます。それは、葉酸を摂取してから体内に十分な量が蓄積されるのに、1ヶ月ほどかかるため。そして葉酸の効果として期待される、赤ちゃんの神経管閉鎖障害の予防に役立てるには、赤ちゃんの神経管が作られる妊娠のごく初期に、葉酸が妊婦さんの体の中にしっかり蓄えられていることが大切であるためです。

しかし、妊娠前から積極的に葉酸サプリを飲んでいるという女性は、まだまだ多くはありません。ロンドンでの研究では、葉酸サプリを服用している女性の割合は、地域や年齢によって差があるものの、およそ20〜40%であるという結果が出ています。そして、妊娠がわかってから葉酸サプリを飲み始めた女性の割合は増加していることから、妊娠前からではなく、妊娠してから葉酸サプリを飲み始めた、という女性が多数であることが推測できます。

心配し過ぎはNG! ストレスをためないで

赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを低減するという、葉酸が持つ大切な役割を考えるのであれば、妊娠前から葉酸を摂取することが大切です。しかし、葉酸サプリを飲んでいなかったからといって、葉酸が全く摂取できていないわけではありません。葉酸は、身近な野菜や果物、豆類などにも含まれているため、普段の食事から自然に摂取しているものなのです。

また、神経管閉鎖障害は、葉酸サプリを飲んでさえいれば必ず防げるというものではないと言われています。葉酸は、あくまでもそのリスクを減らすというだけで、完全な予防法ではないのです。そして、神経管閉鎖障害の原因は葉酸不足ではなく、遺伝的な要素、妊婦さん自身の肥満や糖尿病どの環境要因などもあげられます。

こうしたことから、葉酸は確かに妊娠初期には大切な栄養素ではあるけれど、葉酸サプリを飲んだから必ず赤ちゃんの神経管閉鎖障害が発症しないとは言い切れないことがわかります。ですから、葉酸サプリを飲んでいなかったからといって、心配しすぎることはありません。必要以上に心配したり、ストレスをためたりすることは、お腹の赤ちゃんにとってもよくありませんから、あまり気に病まないようにしましょうね。

さらに、厚生労働省によれば、妊娠が判明してから葉酸を摂取しても効果が見られたという報告が寄せられているそうです。葉酸は、妊娠初期以降にも必要な栄養素であることには変わりありませんから、今まで摂取していなかったからといって落ち込まずに、今からでも葉酸サプリを摂取し始めることをオススメします。妊娠初期に飲みたい葉酸サプリについては、妊娠直後〜妊娠3ヶ月にオススメの葉酸サプメントランキングもご参考にしてください。

今からでも遅くない! 葉酸サプリの摂取

葉酸サプリメントガイド さとみ

葉酸の大切さを知れば知るほど、今まで葉酸サプリを摂取していなかったことがとても不安に思えてくるかもしれません。しかし、葉酸が赤ちゃんの神経管閉鎖障害を予防するために大切な役割を果たすのは事実ですが、神経管閉鎖障害が発生する原因は、葉酸不足だけではないこと、そして葉酸は、サプリだけではなく、普段の食事から補うこともできていることからも、それほど深刻に悩む必要はありません。不安や焦りでストレスをためてしまうことは、妊婦さんにとって禁物ですから、過ぎてしまったことはくよくよ悩まず、これから葉酸を十分に摂取することを考えていきましょう。

葉酸サプリは、妊娠がわかってからの摂取でも効果があったとする報告もありますし、妊娠中に葉酸を意識して摂取することは、赤ちゃんとママの健康を守る上で大切なことです。葉酸を上手に摂取できるよう、サプリメントの力も借りながら補うようにしましょう。