妊活中にオススメの食品と栄養

葉酸サプリメントランキング 「赤ちゃんのために知ってほしい、正しい葉酸の知識」

赤ちゃんのために知ってほしい
正しい葉酸の知識

CLEAR

妊活中の食事、おすすめ食材は?

妊活を始めると、食事の内容や栄養素にはとても敏感になりますね。赤ちゃんを迎える体作りをするために、食事は非常に重要なポイントとなるものです。

しかし、具体的にどんなところに気をつければいいのか、どんな栄養素を積極的に摂ればいいのか、といった食事のポイントが今ひとつわからないという人も多いかもしれませんね。そこで今回は、妊活中にオススメしたい食品と栄養についてお伝えしましょう。

基本はバランスよく、そして不足しがちな栄養素を意識して

妊活しているからといって、特別に何かを多く食べなければならないということはありません。赤ちゃんを迎える体は、まず健康であることが一番大切。そのために必要なのは、栄養バランスの取れた食事です。まずは、野菜、肉、魚などを偏りなく食べられるように気をつけることから始めましょう。外食やファストフード、お弁当やお惣菜など、高カロリーで糖質や脂質が多いものなどを利用する頻度も、できるだけ少なくしていきたいですね。

その上で、日頃から不足しがちな栄養素を補うことを心がけましょう。女性の場合、特に足りていないのが鉄分です。最近は、鉄欠乏性貧血だけでなく、隠れ貧血と呼ばれる、体の中に貯蔵している鉄分が足りなくなるタイプの貧血も増えています。また最近では、不妊治療をしている女性は鉄分が不足しているケースが多いことも明らかになってきました。鉄分は、妊娠してからも特に不足しやすい栄養素。妊娠中に貧血になると、お腹の中の赤ちゃんの発育にも影響を与えることがあります。妊娠する前から、レバー、ほうれん草、小松菜、納豆などの食品から、鉄分を積極的に補うようにしましょう。

鉄分のほかにも、カルシウム亜鉛などのミネラル、ビタミンE、良質なタンパク質といった栄養素が、妊娠を目指す上では大切になります。カルシウムはイワシやししゃも、小松菜に、亜鉛は牡蠣や牛肉に、ビタミンEはアボカドに、良質なタンパク質は、卵や鮭にそれぞれ多く含まれています。これらを参考に、食事のバランスを考えてみてくださいね。

食事から葉酸を摂取することも大切です

そして、妊活中に忘れてはいけない大切な栄養素が、葉酸です。葉酸は、赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを低減させるためにとても重要なもの。そして、血流を良くしたり、貧血を予防したりする役割も持っています。葉酸は、食品からの摂取が難しいため、サプリなどを利用することがすすめられていますが、だからといって食事の影響を考えなくても良いというわけではありません。普段の食事からも、積極的に葉酸を摂取できるよう心がけましょう。

葉酸が豊富に含まれている食品で代表的なものといえば、ほうれん草。ほうれん草には、葉酸だけでなく、鉄分やビタミンCも多く含まれていますから、妊活中には積極的に食べたいですね。

そのほか、葉酸は、ブロッコリー、枝豆、納豆、アスパラガス、いちご、海苔など、身近で手に入れやすい食品にも含まれています。サプリだけが頼りとならないように、毎日の食事の中でこうしたものを取り入れながら、葉酸を上手に摂取していきたいですね。

ただし、葉酸は水溶性のピタミンであるため、食材を加熱調理することによって、全体の10〜60%もの量が失われてしまいます。こうしたことから、葉酸を意識して食べる時には、加熱しないサラダ、ジュースやスムージーなどにするといった工夫も必要です。

食事を楽しみながら栄養にも気をつけましょう

葉酸サプリメントガイド さとみ

食事において何よりも大切なのは、第一にバランスよく食べることです。野菜、肉、魚、フルーツなど、それぞれに大切な栄養素が含まれていることは事実ですから、まずは、食事の偏りをなくすことから始めましょう。

そして、妊娠するために大切な栄養素である鉄分、亜鉛、ビタミンE、葉酸といったものを摂取できるように、できるだけ意識しながら食事内容を考えてみましょう。仕事や家事などで何かと忙しい毎日でも、外食やお弁当などに頼りすぎず、栄養バランスを考えて食事作りをすることを心がけたいですね。

しかし、妊活中にはストレスは大敵です。食事の内容や栄養バランスには十分に気を配る必要がありますが、あれを食べなければ、これを控えなければ……、と考えてストレスになってしまっては、元も子もありません。ストレスにならない程度に栄養バランスを意識しつつ、食事を楽しみながら、妊娠に向けての体作りをしていきましょう。