正しく知りたい妊娠検査薬の使い方

葉酸サプリメントランキング 「赤ちゃんのために知ってほしい、正しい葉酸の知識」

赤ちゃんのために知ってほしい
正しい葉酸の知識

CLEAR

いつから使える?妊娠検査薬の使い方と使える時期

妊娠検査薬

妊娠を望む人なら一度は手に取る、妊娠検査薬。いつ使おうか、いつ使えるかと、ワクワクしながらストックしている女性も多いのではないでしょうか。しかし、この妊娠検査薬は、いつからどうやって使うものなのか、しっかり理解しているつもりでも実は間違っていた、なんていうことがよくあります。

妊娠検査薬は、使い方を間違ってしまうと正しい結果が得られないこともあります。ここでは、妊娠検査薬の正しい使い方と適切に使える時期、使う時の注意点などについて、詳しくお伝えしていきましょう。

正しく知ろう!妊娠検査薬が使える時期

女性

「もしかして妊娠?」と思ったら、多くの女性はまず病院に行く前に妊娠検査薬を試してみることでしょう。自宅で簡単に妊娠しているかどうかが確認できるこの検査薬は、妊活中の女性や妊娠を望む女性にとっては、欠かすことのできないアイテムですね。

ドラッグストアなどで市販されている一般的な妊娠検査薬が使えるのは、生理予定日の一週間後からとされることが多いようです。それでは、なぜ生理予定日の一週間後という時期が指定されているのでしょうか?

それは、妊娠検査薬の仕組みに深い関係があります。妊娠検査薬は、妊娠すると分泌されるhcg(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンを感知することで妊娠の判定をします。このhcgが尿中に50mlU/ml以上含まれている場合に検査薬が反応し、陽性つまり妊娠しているという表示が出るのです。

しかし、妊娠してから尿中のhcgが50mlU/ml以上になるまでの期間には個人差があります。あまりに早い時期に検査してしまうと、実際は妊娠しているのにhcgがまだ十分に分泌されていないため、結果が陰性となることもあり得ます。多くの場合、妊娠によってhcgの量が安定して増加し、50mlU/mlを超えるのは、生理予定日の一週間後だと考えられています。そのため、正しい結果を得るためにも、妊娠検査薬は生理予定日を一週間ほど過ぎてからの使用がすすめられているのです。

フライングはOK?早く妊娠が知りたい方へ

悩む女性

妊娠を待ち望む女性の中には、フライング検査と呼ばれるように、生理予定日前に妊娠検査薬を試す方も多くいます。一般的な妊娠検査薬でも、生理予定日前にhcgの量が増加していればうっすらと陽性反応が見られることもありますが、時期が早過ぎるゆえに正しい反応が出ないことも多いもの。そうなると、妊娠していないと思い込んで飲酒や喫煙をしてしまったり、必要以上に落ち込んでしまったりすることも考えられます。

もしも、どうしても早く妊娠しているかどうか知りたい!という場合には、早期妊娠検査薬を使ってみるの一つの方法です。早期妊娠検査薬は一般的な妊娠検査薬よりも少ない量のhcgに反応するよう作られているため、生理予定日頃から使えるようになっています。ただ、それも100%確実に正しい結果が出るとは限りませんし、排卵日がずれているなどの場合は、やはり妊娠していても陰性になることがあります。

また、着床しても妊娠が継続できない、いわゆる「化学流産」の場合でも、早期妊娠検査薬で陽性となることがあり、妊娠していると喜んだのもつかの間、すぐに生理がきて落胆するという事態にもなりかねません。

早期妊娠検査薬は非常に便利ではありますが、こうしたデメリットもあります。早る気持ちはわかりますが、フライング検査はなるべく避け、より正確に妊娠を判定できる生理予定日の一週間後まで待って妊娠検査薬を使うのが、余計なストレスを感じずに済む方法と言えるでしょう。

妊娠検査薬で正確な結果を得るための使い方

妊娠

妊娠検査薬を使う時は、適切な時期を守るだけでなく、正しい使い方を心がけることも大切です。多くの女性は、妊娠検査薬の使い方を知っていることでしょうが、ここで正しく使うためのポイントをおさらいしてみてくださいね。

取扱説明書に記載されている通りに尿をかける

妊娠検査薬は、メーカーによって吸収体に尿をかける時間が違っていることがあります。尿の量が十分でなかったり、また多すぎたりすると、正しい結果が得られないことがありますので、取扱説明書をよく読み、そのとおりの方法で使いましょう。

放置時間を守る

検査をしてから結果が出るまでの放置時間も、メーカーによって異なりますが、放置時間はしっかり守って判定しましょう。定められた放置時間を超えると、尿の成分が濃縮されて誤った反応をしてしまい、蒸発線と呼ばれる線がうっすらとあらわれることがあります。しかし、これは妊娠の反応とは違うものですので、間違えないようにしましょう。

hcg注射をしている場合は要注意!

妊活や不妊治療をしていると、排卵日に合わせてhcgホルモンを注射することがあります。しかし、この注射によって体内のhcgの量が増えると、実際には妊娠していないのに妊娠検査薬が陽性になることがあります。通常、注射をした場合のhcgの量は1週間ほどで低下すると言われていますので、hcg注射をした後に妊娠検査薬を試す時には、必ず1週間以上間隔をあけるようにしましょう。

えっ!妊娠していないのに検査薬が陽性に?

驚く女性

hcg注射の影響以外でも、実際は妊娠していないのに妊娠検査薬が陽性反応を示すこともあります。それは、一体どんな場合なのでしょうか? ここで、考えられる可能性をあげてみましょう。

  • ・子宮外妊娠や胞状奇胎などの異常妊娠
  • ・稽留流産の場合や流産直後
  • ・卵巣がん、絨毛がんなどの悪性腫瘍
  • ・高度の尿糖、蛋白尿、血尿がある場合

こうした場合においても体内のhcgの量が増えるため、実際は妊娠していない、あるいは異常妊娠であるにも関わらず、妊娠検査薬が陽性となってしまうことがあります。もしも陽性反応が出ても、妊娠検査薬だけではそれが通常の妊娠なのかどうかまで判断することはできません。陽性反応が出た場合には、すみやかに産婦人科を受診して確認してもらうようにしましょう。

また、妊娠検査薬を使うことができる時期がくると、自分でも吐き気や熱っぽさなど、さまざまな妊娠の兆候を感じやすくなります。それ以外に、腹痛や少量の出血などが見られる場合もありますが、こうした症状は異常妊娠や繋留流産などでも起こることがあります。妊娠検査薬が陽性になり、気になる症状が出ている時には、できるだけ早く産婦人科を受診しましょう。

反対に、妊娠検査薬では陰性だったのに実は妊娠していたというケースもまれながらあります。この理由としては、排卵日がズレていた、水分を取りすぎて尿が薄くなっていた、といったことが考えられます。陰性だとしても、その後の生理が来ない場合には、やはり早めに産婦人科に足を運ぶようにしましょう。

正しい知識を持って妊娠検査薬を使いましょう

葉酸サプリメントガイド さとみ

妊娠しているかどうか早く知りたい!と、妊娠検査薬を使える日を今か今かと待っている女性も多いかもしれません。しかし、妊娠検査薬は使う時期や使い方を守って判定することが非常に大切になります。正しい結果を得るためにも、心を落ち着けて、適切な時期に使用するよう心がけましょう。

妊娠検査薬を使える時期がくるのを待つのは、妊娠を望んでいる女性にとってとても長く感じる時間です。でも、そんな時こそ上手に気分転換をして、気持ちを切り替えることも有効です。妊娠しているかも……と思い込んで、いろいろな行動を制限するのではなく、適度な運動をして体を動かし、血液のめぐりをよくしたり、妊娠前から必要だと言われる葉酸を摂取できるメニューを考えたりしてみるのも、ひとつの方法です。

葉酸は、食事だけでなく、サプリで摂取することもすすめられている大切な栄養素。お腹に来てくれる赤ちゃんのためにも、人気の葉酸サプリメントをご参考に、この時期に自分にピッタリの葉酸サプリを探してみてはいかがでしょうか。