アラフォーだけど妊娠したい!高齢妊娠・高齢出産のリスクや注意点

葉酸サプリメントランキング 「赤ちゃんのために知ってほしい、正しい葉酸の知識」

赤ちゃんのために知ってほしい
正しい葉酸の知識

CLEAR

高齢妊活を成功させるために知っておきたいこと

妊婦

結婚して、妊娠したいと思った時にはもうアラフォーだった、という女性は増えています。女性の社会進出、晩婚化など、さまざまな理由がありますが、現在では女性の3人に1人が35歳以上で出産する、いわゆる高齢出産だと言われています。

しかし、30代を過ぎると、妊娠、出産へとたどりつくことに時間を要するだけではなく、母体や赤ちゃんへのリスクが高まることも知られています。今回は、アラフォー世代の妊活の進め方や、高齢妊娠、高齢出産で考えられるリスク、それにまつわる注意点などをご一緒に考えてみましょう。

高齢妊娠・高齢出産、どんなリスクがあるの?

落ち込む女性

高齢妊娠、高齢出産となると、ネガティブなイメージを持たれやすいものです。実際に、若い世代よりも妊娠しにくかったり、妊娠、出産に関わるリスクがあることは事実ですが、それをきちんと理解して、必要に応じた手段で妊活、妊娠、出産に取り組むことが大切になってきます。

それでは、高齢と言われる年齢での妊娠や出産に、どのようなリスクがあるのか、まずあげてみましょう。

卵子の老化
数年前から度々話題になり、知られることが多くなったリスクが、卵子の老化。女性は、生まれた時にすでに卵子のもととなる原卵細胞を卵巣に持っています。つまり、原卵細胞は女性の実年齢と同じだけ年齢を重ねていることになります。そのため、年齢が上がれば上がるほど卵子は老化し、妊娠しにくくなってしまうのです。
子宮や卵巣の病気の増加
30代を過ぎると、女性は子宮筋腫や子宮内膜症いった病気が発見されるケースが増えてきます。また、子宮がん、卵巣がんなどといった深刻な病気のリスクも高まります。こうした病気は妊娠を妨げる要因のひとつともなってしまいます。
流産の確率が上がる
高齢での妊娠は、染色体異常による流産のリスクが高いことが知られています。通常、流産する確率は10〜15%程度ですが、30代、40代の妊娠では、20〜40%という高い確率で残念な結果になってしまうと言われています。
先天異常の発生率が上がる
胎児が何らかの先天異常を持って生まれる確率は、母体が高齢になればなるほど上がると言われています。特に知られているのは、染色体異常のひとつであるダウン症。先天異常の発生率は、35歳から急激に高まっていきます。
妊娠高血圧症候群にかかりやすい
高齢妊娠では、妊娠中に血圧が高くなり、胎児の発育不全や低体重などを引き起こす可能性のある妊娠高血圧症候群にかかりやすいことが知られています。
難産になりやすい
年齢による体力の低下は、難産を招きます。もちろん、高齢妊娠をした人すべてがそうとは限りませんが、場合によっては帝王切開をすすめられることもあります。

年齢に負けず、できるだけ早く妊娠するために

産婦人科医

こうしたリスクを避けるためには、できるだけ早く妊娠するしか方法はありません。妊娠を考えたら、すぐにでも妊活をスタートさせ、次のようなことを心がけてみましょう。

規則正しい生活をする
生活習慣の乱れは、ホルモンバランスの乱れを招き、妊娠を遠ざけます。特に、ホルモンバランスに変化の兆しが出やすいアラフォー世代では、食事のバランス、睡眠、飲酒や喫煙は避けるなど、日常生活のあらゆる面で注意し、ホルモンバランスを崩さないよう心がけましょう。
葉酸を摂取する
葉酸には、子宮の環境をととのえるとともに、二分脊椎や無脳症といった赤ちゃんの先天異常のリスクを低減させる効果が期待できます。また、流産を防ぐために役立つという説もありますので、妊活を始めたら食事やサプリで葉酸を摂取することを心がけましょう。妊娠前・妊娠したい時期の葉酸サプリメントランキングでは、妊娠前に必要な量の葉酸がしっかりと摂取できるサプリをご紹介していますので、ぜひご参考にしてください。
ストレスをためない
ストレスは、妊娠の大敵です。アラフォー世代となれば、仕事のストレスも大きいでしょう。また、妊娠に対する周囲からのプレッシャーがストレスとなることもありますよね。ホルモンバランスにも影響を与えるストレスは早めに解消し、おおらかな気持ちで余裕を持って妊活に取り組みましょう。
残業や夜のお付き合いはなるべく控える
夜に神経が興奮状態になっていると、心にも体にも負担がかかります。また、早寝早起きという規則正しい生活を心がけるためにも、残業や夜のお付き合いはほどほどに。妊娠しやすいタイミングを逃さないためにも、特に排卵日前にはゆっくりと夫婦の時間を持つことも大切です。
早めの受診を心がける
すでに35歳を過ぎている場合には、妊活のスタートと同時に産婦人科、あるいは不妊専門クリニックなどに相談に行くことも視野に入れましょう。不妊治療など本格的に取り組みをする前に、タイミングを見てもらったり、妊娠するためのアドバイスをもらったりするだけでも、早い妊娠に近づけます。

リスクを理解して高齢妊娠・高齢出産に備えて!

葉酸サプリメントガイド さとみ

高齢と呼ばれる世代になると、妊娠や出産についてのリスクばかりが取り沙汰され、妊活を始める前から悩んでしまう女性もいることでしょう。しかし、リスクは確かにあるものの、アラフォー世代で妊娠している女性は多くいます。

一番大切なのは、高齢での妊娠や出産にどのようなリスクがあるのかをしっかりと理解し、自分でできる限りの対策をすること。高齢と呼ばれる世代での出産には、経済的負担が少ない、育児に安定した気持ちで向き合える、子宮がんのリスクが低下するなどのメリットもあると言われています。リスクだけでなくメリットにも目を向けて、前向きな明るい気持ちで、希望を持って妊活に取り組みましょう

妊娠を望んだその日から、食事などの栄養バランス、生活習慣などに気を配り、妊娠しやすい体を手に入れるとともに、不安がある場合には早めに専門の医師を訪ねてみるのもひとつの方法です。年齢を重ねることも、卵子の老化も、誰にも食い止めることはできません。できるだけ早く妊娠し、リスクを低減するためにも、今日から心して妊活に取り組んでみてください。