妊娠前・妊活時の葉酸の摂り方

葉酸サプリメントランキング 「赤ちゃんのために知ってほしい、正しい葉酸の知識」

赤ちゃんのために知ってほしい
正しい葉酸の知識

CLEAR

葉酸は妊活期間中の摂取が最も大切!

妊娠を望む全ての女性にとって、欠かすことのできない栄養素と言われている、葉酸。葉酸は、赤ちゃんの健康を守り、成長を促すためにとても大切な役割を果たす栄養素です。しかし、妊娠前、妊活中といった時期には、どのような形で、どれくらいの量の葉酸を摂取すればいいか、ご存知ですか?

ここでは、これから妊娠を目指している人、そして妊活を始めようとしている人へ向けて、正しい葉酸の摂取方法をまとめてみました。

妊娠前に葉酸が必要な理由

葉酸は、お腹にいる赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを減らすために、とても有効だと言われています。神経管閉鎖障害とは、二分脊椎や無脳症といった重い先天性の疾患であり、受胎してから7週目までの間に発症すると言われています。ここで注目したいのが、「7週目とはいつなのか?」ということ。

7週目は、妊娠2ヶ月にあたる時期です。早い人であれば妊娠に気づいているでしょうが、体調の変化などがそれほどない場合や、もともと生理が不順である場合は、妊娠に気付かないことも多くあります。そうした時期に発生する危険がある、赤ちゃんの神経管閉鎖障害を予防するためには、妊娠する前の段階で、体の中にしっかりと葉酸を蓄えておく必要があります

欧米各国では、かつて高い確率で発症していた神経管閉鎖障害を予防するため、妊娠を希望する女性に対して葉酸サプリの利用を積極的に推奨したり、食品などにも葉酸を添加したりしてきました。その結果、実際に神経管閉鎖障害の発症率の低下がみられるようになりました。そして、日本もこれにならう形で、妊娠前からの葉酸の摂取がすすめられているのです。

妊娠する前に必要な葉酸の量、どれくらい?

妊娠前の女性に対して、厚生労働省が推奨している葉酸の摂取量は、通常の食事に加えて400μgです。400μgというと、どれだけの量なのか想像がつきにくいかもしれませんね。その量を、葉酸が特に豊富であると言われるほうれん草に置き換えると、茹でたものでなんと1.5kg分に相当します。これだけの野菜を食べなければ、400μgの葉酸は摂取できないなんて、驚きですね。しかも、この量の葉酸を、食事に加えて摂取しなければならないのですから、葉酸の摂取がいかに大切で、難しいことであるのかがわかるでしょう。

食品に含まれる葉酸は、加熱で失われたり、消化吸収によって影響を受けたりするため、食べた分だけ摂取できるわけではありません。だからこそ、厚生労働省でも、「通常の食事に加えて400μg」の葉酸をサプリや栄養補助食品などから摂取することをすすめているのです。どんなに食事に気をつけていても、葉酸は不足してしまう可能性が高い栄養素です。そのため、食事とともに葉酸サプリを利用して、しっかりと補うことが大切になります。

妊娠前からしっかりと葉酸を摂りましょう

葉酸サプリメントガイド さとみ

妊娠に向けての体の準備は、一朝一夕にできるものではありません。赤ちゃんに深刻な影響をもたらす可能性のある神経管閉鎖障害を予防するためには、妊娠を考え始めたらすぐにでも、葉酸サプリを利用して、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

しかし、食事から多くの葉酸を摂取することは非常に難しいこと。食べ物から摂取できる葉酸の量は、実際に食品に含まれる葉酸の量よりも少なくなることを考えると、葉酸サプリなどを積極的に利用することが有効だと考えられます。

厚生労働省でも、妊娠前の女性に対して、通常の食事のほかに栄養補助食品などから400μgの葉酸を摂取することを推奨しています。食事だけでは、葉酸の摂取量はどうしても不足してしまいがちだからこそ、サプリで補うことが重要なのです。こうしたことをしっかりと頭に入れて、妊娠する前に葉酸を体の中に蓄えておけるよう、心がけましょう。