気になる着床出血のアレコレ

葉酸サプリメントランキング 「赤ちゃんのために知ってほしい、正しい葉酸の知識」

赤ちゃんのために知ってほしい
正しい葉酸の知識

CLEAR

詳しく知りたい!着床出血と生理の違い

女性

妊娠の兆候のひとつとも考えられる着床出血は、生理予定日の前後に見られることがあると言われています。妊娠を待ち望む女性にとって、生理予定日前後の出血ともなれば、生理なのか、それとも着床出血なのか気になって悩んでしまうかもしれませんね。

着床出血と生理、このふたつにはどのような違いがあるのでしょうか? ここでは、着床出血とは一体何なのか、そしていつ、どのように起こるのか、色や量、出血する時期などについて、詳しくお伝えしましょう。

着床出血が起こる仕組みとその特徴

悩む女性

着床出血とは、正確な医学用語ではありません。医学的には妊娠初期の不正出血のひとつと見られ、月経様出血とも呼ばれています。では、着床出血はなぜ起こるのでしょうか? 精子と卵子が出会ってできる受精卵は、子宮に着床する際、子宮内膜を少しだけ傷つけることがあります。その時に出血してしまうと、着床出血という症状があらわれるのです。出血のほかにも、下腹部に軽い痛みを感じることもあります。

着床出血が起こる時期は生理予定日の一週間前から生理予定日頃が多く、一般的には出血する期間はごくわずかです。量も少ないため、おりものに少量の血が混じっている、茶色っぽいおりものが出るという程度の症状であることが多いようです。ただ、着床出血であっても、中には生理と同様の出血量であったり、出血が1週間ほど続いたりする方もいるようで、着床出血の症状については、個人差がとても大きいと考えられます。

着床出血は、すべての女性が経験するわけではありません。むしろ、着床出血がなかったという女性の方が多数であると見られます。痛みや出血が非常に少ないため気が付かない方もいますし、妊娠がわかってから「そういえばあの時……」と思い至る方もいます。そのため、着床出血が見られないからといって不安になることはありません

見極めよう、生理と着床出血の違い

基礎体温

それでは、着床出血は生理とどのような違いがあるのでしょうか? ここで、それぞれの特徴をあげてみましょう。

通常の生理の場合
  • ・出血量が多い
  • ・赤みのある出血
  • ・3〜7日程度出血が続く
  • ・下腹部痛、腰痛などを感じやすい
  • ・基礎体温がガクンと下がり、低温期に移行する
着床出血の場合
  • ・出血量が少なく、おりものに血が混じっている程度
  • ・出血に気が付かないことも多い
  • ・茶色〜褐色の出血
  • ・1〜3日程度で出血は止まる
  • ・軽い下腹部痛を感じることもあるが、生理痛のような痛みはない
  • ・基礎体温は高温期のまま推移する

こうした両者の特徴を覚えておくと、もしも生理予定日の前後に出血が見られた場合でも、自分なりに判断しやすいでしょう。特に、基礎体温の変化はとてもわかりやすい違いのひとつ。生理がくると基礎体温は低下しますが、もしも妊娠していた場合は、出血があっても基礎体温は高温のままになります。普段から忘れずに基礎体温を記録しておき、着床出血とみられる出血があったら基礎体温の変化を確認しましょう。

また、基礎体温や着床出血とともに覚えておきたいのが、眠気や熱っぽさなど、妊娠超初期症状とされるさまざまな妊娠の兆候。妊娠超初期の症状などもご参考にしてくださいね。

生理予定日前に出血し、量が多かったり、下腹部痛が続いたりしている場合は残念ながら生理であると考えられますが、ごくまれに、生理と同じような着床出血が見られることもあります。その後の基礎体温や体調の変化などもよく見極めて、気になる症状があれば産婦人科を受診してください。もちろん、着床出血が合った後に妊娠検査薬が陽性を示せば、妊娠の可能性が極めて高いと考えられますので、その場合も早めに産婦人科を受診しましょう。

着床出血があっても慌てずに対処しましょう

葉酸サプリメントガイド さとみ

1日も早い妊娠を望む女性なら、着床出血かそうでないかは非常に気になるものですよね。しかし、着床出血はない場合も多く、また出血しても気が付かないほど微量な場合もありますので、着床出血だけで妊娠かどうかを判断することはできません

もし、生理予定日前後に出血があったら、それが着床出血なのか生理なのか、上記の特徴をご参考に、慌てず落ち着いて判断するようにしましょう。基礎体温をつけている場合は、それが目安になります。

着床出血が見られる時期は、妊娠期間でいうと3週目〜4週目にかけて。この時期、非常に大切になってくるのが葉酸の摂取です。葉酸は赤ちゃんの成長にとって欠かせない大切な栄養素ですので、妊娠を望む女性は忘れずにサプリなどで摂取しておきましょう。葉酸には子宮内膜の状態をととのえて、受精卵の着床をサポートするはたらきもあると考えられています。当サイトでも人気の葉酸サプリメントをご紹介していますので、妊娠しやすい体を作るためにも、ぜひ葉酸サプリの利用を検討してみてくださいね。