産後の生活はどうなるの?体調や外出について知っておきたいこと

葉酸サプリメントランキング 「赤ちゃんのために知ってほしい、正しい葉酸の知識」

赤ちゃんのために知ってほしい
正しい葉酸の知識

CLEAR

ここが知りたい!不安!産後の体のあれこれ

産後の女性

妊娠・出産は、女性にとって大きな体の変化です。それだけに、出産を終えた体がどうなってしまうのか不安だという方は少なくないでしょう。

「産後の無理は禁物」と言われるだけに、自分の体から赤ちゃんを生み出した後は、どんな体調になり、どのように日常生活を送ればいいのか、気がかりかもしれませんね。

ここでは、産後の生活や体調に不安を抱える女性のために、出産した後の体の変化や日常生活の注意点などをお伝えします。初めての出産を迎える方は、ぜひご参考にしてくださいね。

どんなことが起こる?産後の体の変化と体調

疑問

女性の体は、赤ちゃんを産んだ後、急激に元の状態に戻ろうとします。子宮が妊娠前の大きさに戻るには、およそ6〜8週間ほどかかると言われていますが、この回復の時期を「産褥期」と呼びます。

この産褥期には体が大きく変化するため、誰でも多少の体調不良は感じるもの。その代表的な症状を、ここでご紹介しておきましょう。

後陣痛
子宮が元の大きさに戻ろうと収縮を繰り返すと、ママには強い痛みとして感じられます。それが後陣痛と呼ばれるもの。子宮は、赤ちゃんに母乳を飲ませることでより一層収縮するため、授乳中に痛みが増すこともあります。ただ、強い痛みは産後数日でおさまり、およそ1週間ほどで痛みが少しずつやわらいでいくことが多いようです。
悪露
悪露とは、子宮や産道からの出血と分泌物が混じったもの。産後すぐは量が多いのですが、1ヶ月ほどかけて少なくなっていき、徐々に止まります。
骨盤のゆるみ
妊娠期間の10ヶ月にわたって開き続けてきた骨盤は、出産後もすぐに元に戻るわけではありません。産後はまだ緩んで不安定な状態が続くため、歩いたり動いたりすることで腰痛や関節痛を感じるママもいます。

このほか、めまいや体の冷え、乳腺炎や尿漏れ、腰痛、貧血、目のかすみや視力低下などなど、いろいろな部分にさまざまな症状が出やすいとされています。

また、一度は耳にしたことのある「産後の肥立ちが悪い」という言葉は、こうした体調不良にくわえ、産褥熱と言われる熱が出たり、悪露が1ヶ月以上も続いたり、産後鬱と言われる精神的に不安定な状態になったりすることを指していると考えられます。

産後、無理をしない過ごし方について

親子

産後の肥立ちが悪いと、更年期になってから体調を崩しやすいと昔から言われています。それくらい、産褥期は女性にとって大切な時期。産褥期に無理をすることは禁物ですので、次のような過ごし方を心がけましょう。

しっかり休む
産後の体は、想像以上に疲れきっています。しかし、育児は待ってくれませんから、産後のママはどうしても無理をしがち。赤ちゃんのお世話以外の家事などは、周囲のサポートにまかせて、産後しばらくはできるだけ横になって過ごす、睡眠をしっかりとる、といったことを心がけましょう。
湯船に浸かるのは1ヶ月検診まで控えて
産後、悪露が続いている間は、感染症にかかりやすい状態になっているため、湯船に浸からないように指示されます。寒い時期は辛いですが、入浴はシャワーのみにしましょう。体が冷えないよう、シャワー後すぐに温かい服を着る、濡れた髪は手早く乾かす、温かい飲み物を飲むなど工夫してみてください。
栄養バランスの良い食事をする
産後は忙しいからと、自分の食事は手を抜いてしまうママも多いのですが、食事がおろそかになると体の回復が遅れるとともに、母乳の分泌量や質にも影響してしまいます。母乳のためにも、ママ自身のためにも、産後は栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。
1人で頑張らない
育児は、ママが1人でするものではありません。まして産後の回復もまだのうちに、1人であれもこれもと無理をしてしまうと、疲れがたまるだけでなく、精神的に追い込まれて不安定になってしまうこともあります。産褥期は、パパをはじめ周りの人に遠慮なく甘え、決して1人で頑張ろうとしないようにしてくださいね。

産後は外出してもいいの?外出する時の注意点

ベビーカー

産後、1ヶ月検診までは外出を控えることが望ましいと言われています。体力も十分に回復していないため、むやみに外出すると疲れがたまり、抵抗力が弱まって感染症にかかったり、乳腺炎になったりすることも考えられます。

買い物などはなるべく家族に頼むか、通販、ネットスーパーなどを利用しましょう。また、上の子がいて、産後すぐから幼稚園や保育園の送り迎えをしなければならないママも多いでしょうが、そうした場合も、頼れる人に送り迎えをお願いしたり、場合によっては幼稚園や保育園を休ませるなどの対策を考えてみてくださいね。

産後の1ヶ月検診で異常がなければ、通常の買い物などはできるようになります。ただし、まだすっかり元通りの体に戻ったわけではありません。妊娠、出産によるダメージは予想以上に大きなものなので、体調がよいから、検診でOKと言われたからと過信せずに、近場の外出から徐々にならしていくようにしましょう。

産後は、貧血などの体調不良が出やすいため、外出先でも無理をせずに休憩をこまめに取ることを心がけましょう。赤ちゃんと一緒に外出する時は、赤ちゃんの体調も考慮し、短時間で外出を済ませましょう。また、ホルモンの変化によって、産後は紫外線の影響を受けやすくなります。シミやそばかすができやすいため、日焼け止めや帽子、日傘なども忘れずに活用してくださいね。

産後は体をしっかり休めることが基本!

葉酸サプリメントガイド さとみ

産後はできるだけ横になって過ごす、睡眠をしっかりと取るなどと言われても、ママはどうしても無理をして動いてしまうことがあります。しかし、産後の回復に大切な産褥期を疎かにしてしまうと、いつまでも体調不良が続いたり、更年期になってからさまざまな影響が出てきたりするとも言われています。

ママの体と心が順調に回復することは、赤ちゃんの育児においても望ましいこと。ママが元気であれば、育児も楽しめるものなのです。妊娠・出産を経て大きく変化した女性の体が、再び元の状態に戻るのためには時間がかかって当然です。

あまり焦らず、ゆったりした気持ちで産褥期を過ごすとともに、赤ちゃんのお世話だけでなく、自分の体の回復も優先して、周囲の人にサポートしてもらいながら、この時期を乗り越えていきましょう。