授乳期間中の葉酸の摂り方

葉酸サプリメントランキング 「赤ちゃんのために知ってほしい、正しい葉酸の知識」

赤ちゃんのために知ってほしい
正しい葉酸の知識

CLEAR

授乳中にも葉酸を摂らなければいけないの?

妊娠前から、あるいは妊娠してから飲み続けてきた葉酸サプリ。出産を終えて、手元にたくさん残ってしまい、どうしようと悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

でも、安心してください! 葉酸は妊娠中だけではなく、出産後、授乳中にも必要な栄養素。むしろ、産後のママにしっかりと摂取して欲しいものなのです。ここでは、授乳期間中の葉酸の必要量と、摂取のしかたについて詳しくお伝えしましょう。

授乳期間中にも役立つ葉酸

葉酸は、妊娠中にお腹の赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを減らす役割を持っています。そのため、一番摂取しなければならないのが、妊娠前〜妊娠初期だと言われていますね。しかし、それ以降も、妊婦さんの健康、赤ちゃんの成長のためには葉酸が必要だと言われています。妊娠前から継続して葉酸サプリを飲み続けてきたという人も多いでしょう。

それでは、出産を終えた後はどうなのでしょうか? 実は、出産後・授乳中も、葉酸をしっかりと摂取することがすすめられているのです。厚生労働省が発表している日本人の食事摂取基準では、授乳中の女性について、成人女性に推奨する240μgにプラスして、さらに100μgの葉酸を摂取することがすすめられています。つまり、食事やサプリメントなどから、合わせて340μgの葉酸を摂取すべきだとされているのです。

これは、葉酸には授乳中に役立つさまざまなはたらきがあるため。まず、葉酸には造血作用があり、血液を作る上で大切な役割を果たします。母乳はママの血液が元になって作られますから、葉酸を摂取することは、母乳の分泌にも良い影響を与えると考えられます。また、葉酸には血液の流れを良くするはたらきもありますから、さらさらで質の良い母乳を作ることにも繋がりそうですね。母乳育児をする上で、葉酸は欠かせないものなのです。

こんなところにも葉酸の効果が?!

葉酸は、産後の抜け毛予防にも役立つとも言われています。葉酸には血液をサラサラにするはたらきがあるため、血液循環をよくして頭皮に栄養が届きやすい状態にしてくれることが期待できます。そして、髪の毛を作る細胞を形成をサポートするという部分でも、葉酸がその力を発揮すると考えられます。

また、誰もが少なからず経験する産後うつの予防にも、葉酸が効果を発揮するのではないかという見方もあります。近年の研究では、うつ病の発症は葉酸不足がひとつの原因ではないかという考え方が出てきました。葉酸摂取量が増えると、うつの症状が改善されるという報告もあることから、葉酸とうつのような症状には、何らかの関連があると見られています。産後は、ホルモンバランスが崩れるとともに、体が回復しないうちから慣れない育児に負われて、精神的に追い詰められてしまう新米ママも少なくありません。本格的な産後うつを予防するためにも、葉酸は効果的だと考えられているのです。

産後は、育児に忙しくて自分の食事はついつい後回しになってしまうことも多いものです。だからこそ、引き続き葉酸サプリを利用して、栄養バランスをととのえることを意識してみましょう。授乳中は、妊娠中ほど葉酸を多く摂取する必要はないため、1粒が100μg程度の葉酸サプリを利用すると、目的に合わせた量の葉酸が簡単に摂取できるでしょう。また、母乳育児の場合は、より多くの栄養が必要になることも考えると、葉酸だけではなく、さまざまなビタミンやミネラルが配合されたサプリがおすすめです。授乳期間中の葉酸サプリ選びに悩んだら、出産後(授乳期間)におすすめの葉酸サプリメントランキングを参考にしてくださいね。

葉酸サプリは授乳中も続けて飲んで!

葉酸サプリメントガイド さとみ

「妊娠前から飲み続けてきた葉酸サプリだけれど、産後はもう飲まなくていいの?」新米ママは、そんな疑問を持っているかもしれません。葉酸が大切になるのは、妊娠前から妊娠初期にかけての期間ですが、妊娠中、そして産後も引き続き葉酸サプリを摂取することによって、さまざまなメリットが得られると考えられます。

葉酸は、血液を作り出し、その流れをよくするはたらきを持っているため、授乳中にはピッタリ。血液から母乳が作られるのをサポートし、よりよい母乳育児を応援してくれることでしょう。また、産後の抜け毛や産後うつなど、出産後のママを悩ませるマイナートラブルにも、葉酸は効果的だと言われています。

産後は、忙しさや疲れから自分の食事が疎かになりがちです。それをサポートする意味でも、授乳期間中も忘れずに葉酸サプリを摂取して、健康的な毎日を送れるようにしましょう。