授乳中に妊娠!?母体や赤ちゃんへの影響と気をつけるべきこと

葉酸サプリメントランキング 「赤ちゃんのために知ってほしい、正しい葉酸の知識」

赤ちゃんのために知ってほしい
正しい葉酸の知識

CLEAR

授乳中に妊娠することはある?妊娠したらどうなるの?

授乳中は、ママのホルモンの状態が変化しているため、通常よりは妊娠しにくい傾向があります。しかし、ホルモンの変化や生理の再開には個人差があります。授乳していても排卵がスタートすれば、絶対に妊娠しないというわけではありません。

次の子供の妊娠については、各家庭でそれぞれの計画があるでしょう。授乳中に妊娠を希望するママも、希望していないママも、思わぬ授乳中の妊娠に驚いてしまったというママも、まずは授乳と妊娠の関係や、妊娠したらママの体や赤ちゃんにどんな影響があるのか、授乳はやめるべきなのか、といったことについて学んでおきましょう。

授乳中は妊娠できる?してもいい?

家族

授乳中は、母乳を出すためのホルモンであるプロラクチンが多く分泌されます。プロラクチンは、乳腺を発達させ、母乳の分泌を促す一方で、排卵を抑制するはたらきがあります。そのため、授乳中は生理が再開しないというママが多いのです。

生理の再開には、このプロラクチンの分泌量が大きく関わります。たとえば、完全母乳で夜間も頻繁に授乳しているママは、プロラクチン値が高い状態が続くために排卵が起こりにくく、生理の再開も遅れがち。

反対に、ミルクの割合が多い混合育児の場合や、離乳食が進み、母乳の分泌量が少なくなったママの場合は、プロラクチン値が次第に落ち着いてくるため、排卵と生理が再開しやすくなります。プロラクチンの分泌量が減り、生理が再開した場合は、ママの体の中で排卵が起こり、妊娠することができるようになったということになります。

ただ、一般的には、お産から半年〜1年ほど開けて次の妊娠をするのが子宮の健康上望ましいとされています。特に帝王切開の場合は、子宮にメスを入れているため、最低でも1年以上は間隔をあけるようすすめられるでしょう。帝王切開で出産したママは、授乳中に生理が再開したらしっかりと避妊する必要があるかもしれません。

授乳中の妊娠、ママの体の変化と赤ちゃんへの影響

親子

プロラクチンの分泌量が低下し、排卵と生理が再開すると妊娠が可能となりますが、もしも授乳中に妊娠した場合、ママや赤ちゃん、そしてお腹の中の胎児にはどんな影響が考えられるのでしょうか?

ママに考えられる影響

授乳中に妊娠した場合、ホルモンが変化するため、母乳が出にくくなることが予想されます。また、赤ちゃんに乳首を吸われると、母乳の分泌を促すもうひとつのホルモン、オキシトシンが分泌されるのですが、それが子宮を収縮させると言われるため、授乳中の妊娠は流産しやすいとの俗説も聞かれます。

しかし、授乳中だから流産しやすいという明確なデータはないと言われています。また、妊娠初期の子宮にはホルモンの影響はそれほどないという見方もあることから、一概に授乳と流産が関係あるとは言えないようです。ただ、お腹が張りやすいなどの兆候が見られる場合は要注意です。

赤ちゃんに考えられる影響

生理が再開したり、授乳中のママが妊娠したりすると、母乳の味が変わるとも言われます。これは、ホルモンの変化による影響と見られますが、つわりなどでママが十分な栄養がとれなくなり、母乳の質や分泌量が低下することも影響すると考えられます。そのため、赤ちゃんが急に母乳を飲まなくなってしまうこともあるかもしれません。

胎児に考えられる影響

授乳しているからといって、お腹の中の胎児に特別な影響があるとは考えにくいでしょう。ただ、ママにお腹が張りやすい、痛みや出血があるといった場合には、やはり注意が必要になります。

授乳中に妊娠したら気をつけるべきこと

産婦人科医

それでは、もしも授乳中に妊娠した場合、どんなことに気をつければ良いのでしょうか。ここでは、いくつかの注意点をあげてみましょう。

必ず産婦人科で相談する
授乳中に妊娠した場合、そのまま授乳を継続すべきかどうかが一番気にかかることかもしれませんね。授乳を続けるかどうかはかかりつけの産婦人科の医師にもよりますが、もしも妊娠の兆候が見られた場合は、まず医師に相談し、これからの方針を話し合いましょう。
腹痛、お腹の張り、出血が見られたら授乳を控える
授乳中の妊娠で、腹痛やお腹の張り、出血など、初期流産とも考えられる症状が出た場合は、念のために授乳を控え、医師の診察を受けましょう。こうした症状が、必ずしも授乳によって分泌される子宮を収縮させるホルモンの影響であるとは言い切れませんが、念のために授乳を一時的にストップすることをオススメします。
急に断乳をしない
妊娠がわかったからといって、何の準備もなく急に断乳してしまうのは、ママにとっても赤ちゃんにとっても好ましくないことです。急な断乳は乳腺炎などの原因となるだけでなく、赤ちゃんの精神的な安定にも関わります。もし妊娠がわかって断乳するとなった時は、それなりの準備をし、ママと赤ちゃんに負担の少ない方法で行いましょう。

授乳中でも妊娠する可能性があることを忘れずに

葉酸サプリメントガイド さとみ

妊娠の可能性が低いと思われがちな授乳中ですが、排卵が再開し、生理が起これば、どんなママにも妊娠する可能性が生まれます。

中には、産後最初の排卵によって、生理が来る前に妊娠したというママもいますので、授乳中の妊娠を望まない場合や、帝王切開で次の妊娠まで一定の期間をあけなければならない場合は、しっかりと避妊することを心がけましよう。

授乳中は、プロラクチンやオキシトシンといったホルモンが分泌されているため、子宮が収縮しやすく、流産する確率が高まるといった意見もありますが、反対に、授乳中の妊娠と流産には関連がないという意見も見られます。

このあたりは専門家でも見解がわかれるところですので、もしも授乳中に妊娠がわかった場合は、かかりつけ医とよく相談し、これからの母乳育児をどう進めていくかを話し合うとよいでしょう。