授乳中に飲める薬は?母乳への薬の影響について知っておきたいこと

葉酸サプリメントランキング 「赤ちゃんのために知ってほしい、正しい葉酸の知識」

赤ちゃんのために知ってほしい
正しい葉酸の知識

CLEAR

自己判断はNG!授乳中に薬を服用する時の注意点

薬

赤ちゃんに母乳をあげているママは、風邪をひいたり頭が痛かったりしても「授乳をしているから」と薬を飲むのを我慢してしまうのではないでしょうか。

もしも薬を飲んだら、その成分が母乳を通して赤ちゃんに移行してしまうかもしれないと考えると、怖くて薬なんて飲めないという人も多いのではないでしょうか。

しかし、本当に具合が悪くて寝込んだり倒れたりしたら、赤ちゃんのお世話どころではなくなってしまいますよね。正しく服用すれば、授乳中でも安全であると考えられる薬は多くあります。ここでは、ちょっとした体調不良の時に利用できる薬や、薬を飲むことについての影響、注意点などをお伝えします。

授乳中の薬の服用、赤ちゃんへの影響は?

親子

授乳中に風邪を引いたり、お腹を壊したり、熱が出たりした時、赤ちゃんを抱えて自分が病院にかかるのはとても難しいことですよね。かと言って、赤ちゃんを預けられる人もいないし、パパの帰りは遅い…。

そんな時は、市販の薬を飲んでひとまず体調を落ち着けたいと考えるママは多いでしょう。しかし、自分が薬を飲んだら、赤ちゃんにも母乳を通してその成分が届いてしまうのではないかと不安を感じて、薬を飲むのをためらってしまうこともあるのではないでしょうか。

市販されている多くの薬は、ママが飲めば血液の流れに乗って乳腺に届き、母乳の中に移行します。しかし、母乳に含まれる薬の成分はごくごく微量であると言われています。

実際に薬を飲んだママの母乳中の薬剤濃度はとても低く、それが赤ちゃんの体の中に届くまでにはいくつもの段階を経なければならないため、ママが薬を服用したとしても、それが赤ちゃんに影響をもたらす可能性は低いと考えられます。

授乳中に飲むことが推奨されない薬には、一部の抗不整脈薬や一部の偏頭痛治療薬、高脂血症やパーキンソン病の薬といったものがありますが、こうしたものを除き、現在では授乳中でも安全に服用できると考えられる薬が多く紹介されています。

しかし、だからといって自己判断で薬を服用するのは、やはり好ましくはありません。できるだけ病院または産婦人科で相談し、適切な薬を処方してもらうようにしたいものです。

授乳中に飲んでもよいと言われる薬はある?

薬

精神的、肉体的なストレスがたまりがちな授乳中は、ママが痛みや辛さを無理に我慢するよりも、薬で症状を抑えたり緩和したりした方が、気持ちに余裕を持って育児に臨めるというメリットもありますので、不快な症状や早く治したい症状がある場合には、無理しすぎずに薬に頼りましょう。

授乳中でも、ママや赤ちゃんへの影響が少なく、安全に服用できると思われる薬は多くありますが、授乳中も、妊娠中と同じように市販薬を選び、服用するにあたっては注意が必要です。ここで、そのポイントをあげてみましょう。

頭痛薬、鎮痛剤
アセトアミノフェンやイブプロフェンを主成分とする頭痛薬や鎮痛剤は比較的安全性が高く、妊娠中と同様に授乳中も服用することができると言われています。また、トリプタンを成分とする偏頭痛治療薬や、鎮痛効果が高いことで知れるボルタレンなども、授乳中に服用しても問題ないと言われています。
同じく鎮痛効果が高いロキソニンについても、母乳へ移行する量は少ないとされていますので、痛みがどうしても我慢できない場合には服用することも可能です。ただし、自分で市販薬を選ぶ場合は、できればカロナールなどの安全性の高い薬にしておき、それでも効果が感じられない時には医師に相談してボルタレンやロキソニンを処方してもらった方が安心ですね。
総合感冒薬
風邪薬に関しては、眠気を催す成分が多く含まれているものは母乳育児の妨げとなる可能性があるため、できれば避けた方がよいと考えられます。また、風邪薬にはカフェインが配合されていることもあるため、赤ちゃんへの影響を考えると、安易に飲むのは待った方が良いかもしれませんね。
風邪の症状が見られた時や、風邪を引きそうだと感じた時には、比較的安全性が高いと言われる漢方薬の葛根湯を早めに飲むことをオススメします。
胃薬、胃腸薬
こちらも妊娠中と同様に、ビオフェルミンやエビオスなどの医薬部外品、または第3類医薬品に指定されている薬は、比較的安全に服用できるものがほとんどです。太田胃散などは公式ホームページでも、授乳中に服用できる旨が記載されています。
また、ガスターやウルソなどは、授乳中服用可能として医師から処方されることがありますが、念のため、市販薬の利用は医師や薬剤師に相談してからにしておきましょう。
花粉症の薬
花粉症などに効果が期待される抗アレルギー薬は、母乳中に移行しにくいものが多いと言われています。アレグラなども、授乳中の服用は比較的安全であると考えられていますが、念のために授乳直後に服用し、時間を置いてから授乳するなどの工夫が必要かもしれません。
同様に、目薬や点鼻薬においては作用が局所的であるため、母乳から赤ちゃんに移行する心配はないとされますが、心配な場合は医師または薬剤師に相談しましょう。

授乳中も上手に薬とお付き合いをしましょう

葉酸サプリメントガイド さとみ

授乳中、風邪や頭痛などの症状が辛くても、「何が何でも薬を飲んではいけない」と思い込んでいるママも少なからずいるでしょう。しかし、授乳中に比較的安全に服用できる薬は、意外に多くあるのです。

授乳中の薬の安全性、服用についての考え方などは、時代によって変わってくるものです。以前は授乳中は飲んではいけない、飲むなら授乳はストップすべきといった考えが主流でしたが、現在では、薬の作用について詳しく解明され、その意識も変わりつつあります。

医師もすぐに授乳を止めるよう指示するのではなく、上手に薬と付き合いながら、ママの体調を良好に保ち、母乳育児をしていくという視点からアドバイスすることも多くなっています。

体調が悪い時には無理せず、薬の力を借りて健康を取り戻すことも、母親として大切なこと。しかし、だからといって市販の薬をむやみに使うのではなく、医師や薬剤師と相談しながら、授乳中の体調に合わせて適切な薬を選択できるようにしていきたいですね。