離乳食はいつからいつまで?赤ちゃんの成長に合わせた進め方

葉酸サプリメントランキング 「赤ちゃんのために知ってほしい、正しい葉酸の知識」

赤ちゃんのために知ってほしい
正しい葉酸の知識

CLEAR

離乳食スタート!おさえておきたい基本ポイント

離乳食

赤ちゃんが生後5〜6ヶ月になると、いよいよ離乳食がスタートします。初めて母乳やミルク以外のものを口にする赤ちゃんは、どんな反応をしてくれるのか、ママは楽しみですよね。

その半面、ちゃんと食べてくれるかな? 嫌がらないかな? なんていう不安もあることでしょう。

離乳食期は、赤ちゃんがパパやママと同じものを食べられるようになるまでの練習期間でもあります。ママ赤ちゃんが楽しく離乳食を進められるように、ここではまず、離乳食の期間や離乳食の基本的な進め方、注意点などを解説していきましょう。

いつから?離乳食を始めるタイミングと上手なスタート

離乳食を食べる赤ちゃん

まずは、離乳食を始めるのはどのようなタイミングがベストなのかをおさらいしてみましょう。一般的に、離乳食を開始するのは生後5〜6ヶ月頃と言われています。

離乳の準備として、特別に何かをする必要はありません。果汁などを飲ませるよう指導されていた時期もありましたが、現在では赤ちゃんの胃腸に負担がかかるとして、離乳食が始まるまで母乳またはミルクのみで過ごして問題ないとされています。

離乳食を始めるにあたっては、赤ちゃんに、

  • ・首がしっかりすわり、支えがあれば座れる
  • ・よだれが多くなってきた
  • ・大人の食事に興味を示し、口を動かしたり手を伸ばしたりする
  • ・スプーンなどを口に入れても舌で押し返すことが少なくなる
CLEAR

といった様子が見られた時がちょうどよいタイミングだと言われています。生後5〜6ヶ月になったら、赤ちゃんの様子をよく観察してみてくださいね。

そして、まずは初期、ゴックン期の離乳食からスタートします。ゴックン期はあくまでも、赤ちゃんが母乳やミルク以外の味やスプーンの感触に慣れるための期間ですので、無理のないように進めていきましょう。

ゴックン期(生後5〜6ヶ月頃)

離乳食は、十倍粥をすりつぶしたものや裏ごししたものを、スプーン1さじからスタート。赤ちゃんの機嫌が良い日、午前中の授乳のタイミングで与えましょう。最初はアレルギーの心配が比較的少ないお粥から食べ始めますが、何かあった時にすぐに病院に行けるよう、平日の午前中にスタートするのがベスト。

1週間ほどかけて少しずつ食べる量を増やしていき、その後は茹でてすりつぶし、ペースト状にした人参、かぼちゃなどの野菜を1さじずつプラス、次に白身魚や豆腐などのタンパク質を1さじずつプラスといったように進めます。

赤ちゃんが嫌がる時は無理に食べさせず、ペースを落としましょう。また、上手く飲み込めない時などは、日をあけて再チャレンジするなど、決して焦らずゆっくりと進めるのがポイントです。そして、この時期は離乳食だけでは栄養は取れません。離乳食を食べ終えたら、母乳やミルクを好きなだけ飲ませてくださいね。

離乳食中期は楽しみながら食事ができるように

離乳食を食べる赤ちゃん

赤ちゃんが離乳食を上手に飲み込めるようになり、1回の食事が子供茶碗で半分程度食べられるようになったら、離乳食は中期に入ります。次は、食べ物を舌と上あごでつぶす練習をするモグモグ期です。

モグモグ期(生後7〜8ヶ月頃)

午前中1回、午後1回というように、この頃から2回食へと進みます。お粥のほかに、小さくちぎってミルクに浸したパンや、スープで煮たパン粥、柔らかく茹でて刻んたうどんなどを主食に加えましょう。じゃがいもやさつまいもも炭水化物として利用できます。野菜は、茹でたものを初期よりもやや粗くつぶします。

ほうれん草、たまねぎ、トマトなど、いろいろな野菜も試してみましょう。また、鳥のささみ、鮭、しらす、納豆、卵黄などからもタンパク質が取れるようになります。赤ちゃんの様子を見ながら徐々にメニューの幅を広げるとともに、少量の砂糖や塩、味噌などで薄く味をつけてみましょう。

離乳食後、赤ちゃんがほしがるだけ母乳やミルクを与えます。この頃から、徐々に日中の授乳回数は減ってくるでしょう。

上手にモグモグできるようになり、食欲もアップしてきたら、次はカミカミ期と呼ばれる時期です。この時期は3回食になり、手づかみ食べも出てきます。家族と一緒に食卓を囲み、楽しい雰囲気で食事ができるように心がけましょう。

カミカミ期(生後9〜11ヶ月頃)

朝、昼、夜という3回食にステップアップするカミカミ期。歯ごたえのあるものを歯茎でつぶして食べることができるようになってくるため、バナナ程度の柔らかさを目安に、いろいろな食材を調理してみましょう。手づかみで自分で食べ物を口に運ぶことも楽しくなってくる時期ですので、軟飯のおにぎりや茹で野菜のスティック、柔らかい蒸しパンなどを持たせてみるのもいいですね。

離乳食の準備は大変ですが、ストックを増やす、大人の食事を調理段階で取り分けるなどの工夫をして、なるべく赤ちゃんと一緒に食事するようにしてみましょう。

この時期は赤ちゃんに鉄分が不足しがちになります。赤身の魚やほうれん草など、鉄分を補えるレシピを積極的に取り入れましょう。離乳食後は、母乳もミルクもほしがるだけ与えてOKですが、ミルク育児の場合は、1日の授乳回数を2回程度に減らします。

いつまで?離乳完了を目指す仕上げの時期

離乳食

3回食に慣れて、生活リズムがととのってきた赤ちゃん。

食べ物を前歯で1口分ずつかじり取ったり、歯茎で上手に噛んだりして食べられるようになります

舌も自由に動かせるようになってくると、いよいよ離乳食も仕上げの時期に入ります。


パクパク期(生後12ヶ月〜18ヶ月)

離乳完了期と言われるパクパク期は、だんだんと大人と同じ食事ができるようになってきて、取り分けするのも楽になります。ただし、濃い味付けや香辛料などはまだNGですので、大人自身も薄味を心がけたり、赤ちゃんの分だけ味付けを別にしたりする工夫をしましょう。

この時期、炭水化物としてスパゲッティやマカロニ、春雨、中華麺などもだんだん食べられるようになってきますので、ママもレパートリーを広げやすくなるでしょう。また、野菜や果物はクセの強いものでなければほとんどのものを使うことができます。

指でつまんでつぶせる固さを目安に調理しましょう。そのほか、ウィンナーやハムなどの加工品も食べられるようになりますが、塩分や添加物には注意が必要です。

また、パクパク期に入ると、赤ちゃんも食べるのが上手になってきますが、口に入れすぎたりこぼしたりしてしまうこともまだまだたくさんあります。赤ちゃんに危険がないように、食べている時は目を離さないことを心がけるとともに、汚すことに神経質になりすぎず、立ち歩きをしないなど最低限のルールを決めたら、それ以外は自由に楽しく食べられるようにしてみましょう。

離乳完了が近づくと、ほとんどの栄養を食品から摂れる様になります。母乳はほしがるだけ飲ませても構いませんが、母乳を飲み過ぎて離乳食を食べなくなることがないよう注意しましょう。ミルクの場合は1日400mlを目安に飲ませ、、赤ちゃんの食事量に応じてフォローアップミルクや牛乳に徐々に切り替えていきましょう。

赤ちゃんのペースに合わせて離乳食を進めよう

葉酸サプリメントガイド さとみ

赤ちゃんの離乳食は、約1年という長い時間をかけてゆっくりと進めていきます。大人と同じように食事ができるようになるまでには、小さな赤ちゃんの成長に合わせた食事をすることとともに、食事は楽しいものであると赤ちゃんに知ってもらうことが、とても大切です。

初めて離乳食を調理するママは、その準備や手間のかかり方に大変だと感じてしまうかもしれませんが、それも赤ちゃんが乳児から幼児へと成長するまでの一時のこと。ママも、かけがえのない離乳食の時期を楽しみながら過ごしていきたいですね。

ただ、離乳食の進み具合はそれぞれの赤ちゃんの個性や食欲によって大きく違うものです。よく食べる食欲旺盛な赤ちゃんもいれば、あまり食に興味がなく、小食な赤ちゃんもいます。離乳食は他の赤ちゃんと比べるものではありませんから、自分の赤ちゃんの性格や食欲に合わせて、無理なく進めていくことを心がけてくださいね。