妊娠線はいつからできる?原因や対策をおさえてしっかりケア!

葉酸サプリメントランキング 「赤ちゃんのために知ってほしい、正しい葉酸の知識」

赤ちゃんのために知ってほしい
正しい葉酸の知識

CLEAR

絶対に防ぎたい妊娠線!その予防と対策方法

妊娠線

お腹が大きくなるにつれて気になってくるのが、妊娠線について。妊娠線は、お腹だけでなく、太ももやバストにもあらわれることがある亀裂のことです。この妊娠線、一度できてしまうと、目立たなくなることはあっても、完全に消す方法はないと言われるため、早めの予防と適切なケアが重要です。

ここでは、妊娠線の原因やできやすい人や場所とともに、妊娠線を防ぐためのさまざまなケア方法について、詳しくお伝えします。妊娠線対策にぜひお役立てください。

なぜできる?妊娠線の原因とできやすい人の特徴

体重計

妊娠線ができる原因は、大きく2つあげられます。まずひとつは、体重の増加によって皮膚が急激に伸びてしまうこと。妊娠すると、体重が増えるとともに脂肪が増加し、お腹、バスト、ヒップが大きくなっていきます。特にお腹は、赤ちゃんが成長するにしたがって急激に大きくなりますよね。その際、皮膚の表皮は伸びても真皮や皮下脂肪が伸びずに断裂してしまい、妊娠線となるのです。

もうひとつは、妊娠中のホルモンの影響が考えられます。妊娠中に分泌が増加するコルチコステロイドというホルモンは、肌のターンオーバーやコラーゲンの生成を抑制してしまいうと言われています。そうなると、肌は弾力性を失ってもろくなり、皮下組織が断裂しやすくなるのです。

こうしたことが原因となり、妊娠線はお腹が大きくなる妊娠中期の終わり頃〜後期、特に臨月にできやすいと言われています。さらに、妊娠線ができやすい人には、次のような共通した特徴があります。

体重増加が著しい人

妊娠中の体重増加が多ければ多いほど脂肪がつきやすく、お腹だけでなくバスト、ヒップが大きくなり、二の腕や太もももサイズアップします。急激に体重や脂肪が増えると皮膚が伸び、皮下組織の断裂が起こりやすいと言えるでしょう。

多胎妊娠の人

多胎妊娠の場合は、単胎妊娠よりもお腹が大きくなります。赤ちゃんが2人、3人とお腹にいるわけですから、当然といえば当然ですが、それだけ皮膚が伸びて妊娠線ができやすくなります。

乾燥肌の人

もともと乾燥しやすい肌の人は、皮下組織の伸縮性が少ないために断裂しやすく、妊娠線ができやすいと言われています。

出産経験のある人

すでに出産を経験した経産婦の場合、初産婦よりもお腹が大きくなりやすいことや、過去の妊娠によって皮下組織が弱くなっていることから、妊娠線ができやすいと考えられます。

オイルやクリームは使うべき?妊娠線の予防とケア

妊娠線予防クリーム

断裂した部分の皮下組織は再生しないため、できたばかりの妊娠線はピンク色をしていますが、やがて色素沈着して茶色っぽくなっていきます。そして産後は色が薄くなり、白色〜透明色になります。妊娠線は、こうしてしだいに目立たなくなっていきますが、一度できてしまうと完全に消す方法はありません

そのため、妊娠線が出来ないように予防することがとても大切です。お腹が大きくなり始める妊娠4ヶ月頃から、早めのケアを心がけましょう。それでは、妊娠線を予防するための3つの方法をご紹介しましょう。

1.体重のコントロール

妊娠線をつくらないためには、急激な体重増加を防ぐことが一番大切です。体重増加の目安は、標準体型の女性でおよそ8kgと言われています。また、産院などでは1週間に500gまでの増加にとどめるよう指導されることも多いようですので、それを目安に体重をコントロールしてみましょう。

2.肌の保湿

肌のうるおいやハリが低下している状態では、妊娠線ができやすくなります。妊娠中は特に肌が乾燥しがちですので、全身をしっかり保湿しましょう。妊娠線を予防するためのオイルやクリームなどは数多くありますので、そうしたものを使って保湿を心がけてみてください。

3.マッサージ

血行をよくして肌のハリを保つためには、マッサージも有効です。オイルやクリームなどで保湿しながら、妊娠線のできやすいお腹やバストをやさしくマッサージしてみましょう。ただし、お腹の張りがある時は、マッサージを控えてくださいね。

妊娠線が特にできやすい場所は、お腹の下側です。お腹が大きくなってくると自分では見えにくくなりますので、鏡を見ながらケアしたり、パートナーに協力してもらったりしてみましょう。また、バストやヒップ、そして二の腕や太ももにも妊娠線があらわれることがあります。こうした部分もしっかりとケアして、キレイな肌をキープしたいですね。

妊娠線予防は早めのケアが大切です!

葉酸サプリメントガイド さとみ

妊娠線は、できる人もいればできない人もいます。また、できても1本のみという場合もあれば、10本以上できてしまう場合もあります。妊娠線ができるかどうか、そして増えるかどうかは、妊婦さんそれぞれの肌質や体重の増え方にも関係しています。

生まれ持った肌質は変えることが難しいものですが、乾燥肌の場合は特に保湿に心がけ、早めに妊娠線予防のためのクリームやオイルなどを利用してケアすることがオススメです。お腹が大きくなり始める前から、保湿とマッサージで肌を柔らかく保ってくださいね。そして、急激に体重を増やさないよう、適切な食事と運動を心がけましょう。

もしも妊娠線ができてしまっても、あきらめずにしっかりケアをしていれば、産後はほとんど目立たない状態にすることができると考えられます。保湿やマッサージは産後まで続けることをオススメします。