妊婦さんにオススメの食品と栄養

葉酸サプリメントランキング 「赤ちゃんのために知ってほしい、正しい葉酸の知識」

赤ちゃんのために知ってほしい
正しい葉酸の知識

CLEAR

妊娠中期・後期に大切な栄養とは?

なかなか食事がとれなかったつわりの時期を過ぎ、妊娠中期からは体調や食欲が復活してくる妊婦さんも多いことでしょう。妊娠中期以降は、赤ちゃんの体もどんどん成長してくる時期。それだけに、食べる物や栄養には十分に気を配りたいですね。

ここでは、妊娠中期以降にオススメしたい食品や、摂取してほしい栄養素について、詳しくまとめました。妊娠中の食生活のご参考に、ぜひどうぞ。

妊娠中期以降に意識しておきたい栄養素

妊娠中期は、いろいろな食品から多くの栄養を摂取できるように、食事のメニューや栄養バランスに気を配ってみましょう。妊娠中に、特に大切な栄養素は、次の通りです。

葉酸
妊娠初期の摂取が大切だと言われる葉酸ですが、妊娠中期以降も、しっかりと摂取することが大切です。日本人の食事摂取基準によれば、妊娠中には480μgの葉酸を食事やサプリメントから摂取する必要があるとのこと。引き続き、葉酸の摂取を心がけましょう。葉酸が含まれる食品で、妊娠中にオススメなのは、納豆やほうれん草、春菊など。特に納豆は栄養満点で、赤ちゃんの出産時の頭蓋内出血などを抑えるビタミンKも豊富です。葉酸が多い食品については、葉酸が豊富な食品・食材一覧も参考にしながら、さまざまな食材を利用してみましょう。
鉄分
妊娠中は、鉄分がお腹の赤ちゃんに優先的に送られるため、健康な人でも貧血になることが多いものです。鉄分は、今まで以上に意識して、しっかりと摂取しましょう。鉄分は、レバーやカツオ、小松菜、アサリなどに含まれています。また、葉酸とビタミンKが豊富な納豆にも鉄分が含まれますから、ぜひ活用しましょう。
カルシウム
妊娠すると、骨や歯がもろくなるという話を聞いたことがあるでしょう。鉄分と同様に、カルシウムもお腹の赤ちゃんのために使われるため、体内に十分な量のカルシウムがないと、妊婦さんの骨や歯にあるカルシウムがどんどん使われるのです。カルシウムは、しらすなどの小魚、乳製品、海苔などに多く含まれています。

妊娠中は飲み物にも気をつけて

妊娠中、コーヒーやお茶などに含まれるカフェインはなるべく摂取しない方がいいと言われていますね。これは、母体を通じてカフェインが赤ちゃんの体に入ってしまうため。小さな赤ちゃんは、自分の体の中でカフェインを分解できません。そのため、長時間カフェインの影響にさらされます。妊婦さんがカフェインを摂取しすぎると、赤ちゃんが低体重で生まれるリスクが高まるという研究結果もありますので、飲み物にも気をつけましょう。

妊婦さんにオススメしたいカフェインレスの飲み物には、次のようなものがあります。

麦茶
カフェインレスで、家で手軽に作れる、そしてコスパがよい飲み物といえば、麦茶です。麦茶にはミネラルも豊富ですから、普段の水分補給にオススメです。
ルイボスティー
ルイボスティーは、鉄分やカルシウムなど、妊娠中に必要な栄養素を含んでいます。
たんぽぽ茶
たんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーは、血行を良くしてくれるため、妊娠中だけでなく、授乳中も飲む人が多いようです。母乳の出がよくなるという話も聞かれますから、妊娠中から継続して飲んでいるといいかもしれませんね。

妊娠中も栄養管理はしっかりと!

葉酸サプリメントガイド さとみ

つわりが終わって、何でも美味しく食べられるようになる人も多い、妊娠中期。妊娠中期からは、赤ちゃんの成長もいっそう進みますから、食べるものには十分に気をつけて、必要な栄養をしっかりと摂れるようにしていきましょう。

妊娠中は、鉄分やカルシウムがお腹の赤ちゃんに優先して送られるため、妊婦さんは貧血になったり、歯や骨がもろくなったりすることがあります。こうした栄養素は食事からしっかりと摂取して、健康を管理していきましょう。また、葉酸も妊娠初期に引き続き、赤ちゃんの成長や貧血の予防に欠かせない大切な栄養素です。食事からの摂取量が足りないと感じる時は、葉酸サプリで補うなど工夫しながら、必要な量を摂取していきたいですね。

また、妊娠中の飲み物にも気を配り、カフェインを摂り過ぎないことも大切です。お腹の赤ちゃんとママ自身のために、この時期は食事、飲み物をよく吟味して選びましょう。