妊娠中に避けたい食品

葉酸サプリメントランキング 「赤ちゃんのために知ってほしい、正しい葉酸の知識」

赤ちゃんのために知ってほしい
正しい葉酸の知識

CLEAR

妊娠中には避けたい食品もある!

妊娠中は、特に食べ物には気を遣うもの。お腹の赤ちゃんのためにも、そして妊婦さん自身のためにも、しっかりと栄養を摂っていきたいですよね。多くの妊婦さんは、自分が口にするものには細心の注意を払っていることと思いますが、妊娠中に積極的に食べたい、葉酸や鉄分を含む食品のほかに、妊娠中は避けた方がよいと言われる食品があるのをご存知でしょうか?

妊娠中、特に食べない方がよいとされるのは、一体どんな食品なのか、ここで詳しくご紹介しましょう。

一番気になるのは水銀を含む魚類

妊娠中に避けるべき食品としてよく知られているものに、微量の水銀を含む大型の魚があります。マグロ、メカジキ、キンメダイなどの魚には、食物連鎖の影響でメチル水銀が含まれていることがあるのです。通常、メチル水銀が含まれる魚を食べたとしても、健康な人であれば少しずつ体の外に排出されるため、影響はないとされています。しかし、妊娠中の女性がメチル水銀を含む魚を大量に食べてしまうと、メチル水銀を自力で排出できない胎児に影響を与え、脳神経障害などを引き起こす恐れがあると言われています。

マグロやメカジキなどは、スーパーなどでもよく目にする魚ですから、こうしたことを知ると心配になる妊婦さんも多いかもしれません。しかし、厚生労働省が公表している「水銀を含有する魚介類等の摂食に関する注意事項」によれば、

  • ・クロマグロ、メバチマグロ、キンメダイ、メカジキについては1週間当たり80g程度
  • ・ミナミマグロ、マカジキについては1週間当たり160g程度

を目安にして食べれば、問題はないとされています。ちなみに、キハダマグロやメジマグロ、そしてツナ缶などの加工品については、水銀の含有量が少ないため、摂取量の制限は設けられていません。つまり、メチル水銀を含む魚でも、毎日食べ続けたり、同じ魚だけを食べたりしない限りは、それほど心配することはないのです。

マグロやメカジキなどの魚は、良質なタンパク質やEPA、DHAといった成分を含む、健康にもとてもよい食品です。食べ過ぎに気をつけながら食卓に取り入れるようにしましょう。

身近にもあるこんな食品にも気をつけて

メチル水銀を含む大型の魚以外にも、妊娠中に注意したい食品はあります。次のような食品は、妊婦さんやお腹の赤ちゃんに何らかの影響を与える可能性もありますので、なるべく避けるようにしましょう。

生食できる魚介類、肉類、卵
生牡蠣などの貝類、生卵、レアステーキや馬刺し、生ハム、サラミといったよく火が通っていない肉など、生で食べるものには感染症の原因となる寄生虫やウィルスが潜んでいることがあります。生牡蠣などには、激しい胃腸症状を引き起こすノロウィルスが、生卵には食中毒の原因となるサルモネラ菌が、そして生肉には、病原性大腸菌のO-157や、胎児にも影響をもたらすトキソプラズマという寄生虫が、それぞれ存在する可能性があるのです。妊娠中、生ものには十分に注意しましょう。
ナチュラルチーズ
カマンベールチーズ、ブルーチーズなどのナチュラルチーズの中にはリステリア菌という菌が潜んでいます。リステリア菌は、妊婦さんが感染すると、流産や早産を引き起こすリスクが高まるだけでなく、赤ちゃんの髄膜炎や敗血症を発症させる恐れもあります。妊婦さんは、健康な人の20倍もリステリア菌に感染するリスクが高いと言われていますから、チーズを食べる時は加熱してあるプロセスチーズを選ぶようにしましょう。ナチュラルチーズの他には、生ハム、スモークサーモンなどにもリステリア菌が存在しますので、こうした食品にも要注意です。
ビタミンAを含む食品
ビタミンAの過剰摂取は、お腹の赤ちゃんの奇形や先天異常を引き起こす可能性があると言われています。ビタミンAは脂溶性ビタミンであり、体の中に蓄積されやすいため、過剰摂取には特に注意が必要です。ビタミンAはレバーやうなぎなどに豊富ですが、こうした食品は食べ過ぎないようにすることが大切です。そして、葉酸サプリの中にも、ビタミンAを含んでいるものがありますので、含有量に注目して見てみましょう。ビタミンAの過剰摂取が心配な人には、脂溶性ビタミンの摂取量にきちんと配慮されているベルタ葉酸サプリや、ビタミンAの含まれていない女性100人の声から生まれた葉酸サプリをオススメします。

口に入れる前に安全性や必要性をよく確認!

葉酸サプリメントガイド さとみ

妊娠中期以降は、体調も徐々に良くなってきて、食欲が増してきます。それだけに、いろいろなものを食べたくなってしまいますが、栄養のバランスに気をつけること、そしてその栄養素や成分は、どれくらい摂取すべきなのかということに気を配りましょう。

妊娠中は、妊婦さんと赤ちゃんのために、いろいろな栄養素をしっかりと摂ることが大切ですが、過剰摂取に気をつけなければならない栄養素や、避けるべき食品などには、十分な注意が必要です。現代は、さまざまな食品が溢れ、どんな食べ物でも簡単に手に入るため、妊婦さん自身が、口に入れる前にその安全性や必要性をよく考える必要があります。

サプリメントを利用する場合は、特にバランスにも配慮しながら日々の食事を考えていくようにしましょう。必要な栄養素を摂取することだけでなく、避けるべき食品や、過剰に摂取してはいけない栄養素もしっかりと頭に入れて、食生活を充実させていくことが望ましいですね。