怖い?危険?妊娠高血圧症候群の原因と症状、予防や治療について

葉酸サプリメントランキング 「赤ちゃんのために知ってほしい、正しい葉酸の知識」

赤ちゃんのために知ってほしい
正しい葉酸の知識

CLEAR

正しい知識を持とう!妊娠高血圧症候群

診察

妊娠高血圧症候群とは、かつて「妊娠中毒症」と呼ばれていた病気です。妊娠高血圧症候群は、妊娠後期から発症することが多く、高血圧とともにたんぱく尿を伴うこともあり、悪化すると母子ともに危険な状態になる可能性もある、深刻なもの。

20人に1人ほどの割合でかかると言われるこの病気については、全ての妊婦さんが正しい知識を持ち、予防あるいは治療に取り組むことが大切です。ここでは、妊娠高血圧症候群の原因や症状、予防方、治療法や入院期間、出産方法などについて、詳しくお伝えしましょう。

妊娠高血圧症候群って何?どうして起こるの?

医療器具

妊娠高血圧症候群は、2005年まで「妊娠中毒症」という名前で呼ばれ、高血圧、たんぱく尿、むくみのうち1つまたは2つ以上症状がある場合に診断されていました。しかし、研究が進むにしたがって、高血圧そのものが母体と赤ちゃんに良くない影響を与えることがわかってきました。

そのため、妊娠中毒症は妊娠高血圧症候群という名前に改められ、定義も日本産婦人科学会により、新たに「妊娠20週以降高血圧、分娩後12週まで高血圧がみられる場合、または、高血圧に蛋白尿を伴う場合のいずれかで、かつこれらの症状が単なる妊娠の偶発合併症によるものでないもの」とされました。そのため現在は、たんぱく尿やむくみが単独で見られるだけでは妊娠高血圧症候群とは判断されていません。

妊娠高血圧症候群は、収縮期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上の場合に「妊娠高血圧症」といい、そのうち収縮期血圧が160mmHg、拡張期血圧が110mmHgの場合を重症としています。そして、高血圧にたんぱく尿が伴う場合を「妊娠高血圧腎症」といい、妊娠高血圧よりもさらにリスクが高く、厳重な管理が必要だと捉えています。

この妊娠高血圧症候群がなぜ起こるのかについては、まだハッキリと解明されていませんが、胎盤の血管が通常の妊娠と違った作られ方をしてしまうこと、母体が赤ちゃんに拒絶反応を起こしていることなどが原因ではないかと考えられています。

また、もともと高血圧や糖尿病などの病気を抱えた人や、肥満、初産婦、高齢出産、多胎妊娠の場合は妊娠高血圧症候群になりやすいとされています。また、以前の妊娠において妊娠高血圧症候群を発症した場合、次の妊娠でもこの病気を発症するリスクが高いとされています。

妊娠高血圧症候群の症状と危険性

心臓

妊娠高血圧症候群は、妊娠32週以降に発症することが多いとされていますが、それ以前にも発症することがあり、その場合は「早発型」と呼ばれます。妊娠高血圧症候群は自覚症状があまりなく、妊婦検診で指摘されるまで気が付かないこともあるようです。

妊娠高血圧症候群では、子宮や胎盤への血流が低下してしまうため、お腹の赤ちゃんに酸素や栄養が不足し、発育不全や低体重児出産のリスクが高くなると言われています。また、重症化した場合は次のような深刻な症状があらわれます。

子癇(けいれん発作)
急激に血圧が高くなると、意識を失ってけいれんする、子癇と呼ばれる発作を起こすことがあります。子癇を起こした場合は、脳出血などのケースも考えられるため、母子ともに危険な状態に陥ることがあります。子癇が起こる前兆として、強い頭痛、まぶしさや目の前で火花が散る感じ、みぞおちの急激な痛みや吐き気などがあげられます。
常位胎盤早期剥離
赤ちゃんが生まれる前に胎盤がはがれてしまう常位胎盤早期剥離は、妊娠高血圧症候群の妊婦さんに起こりやすいと言われています。突然の出血や腹痛があり、子宮が異常に硬くなる、胎動が鈍くなるといった症状があらわれます。胎盤が剥がれると赤ちゃんに酸素が届かなくなるため、非常に危険な状態になることが多く、一刻を争います。
HELLP症候群
妊娠高血圧症候群そのものの症状ではありませんが、何らかの関係があると考えられている症状に、HELLP症候群というものがあります。HELLP症候群は、血液中の赤血球の破壊、血小板の減少、肝臓の機能障害が起こるもので、妊娠高血圧症候群の妊婦さんに起こりやすいと言われています。突然の胃痛、みぞおちの痛み、吐き気、嘔吐などがあらわれ、肺に水がたまったり、黄疸が出たりすることもあります。

こうした重大な症状のほかにも、頭痛やだるさ、眠気、むくみなどの症状を感じることもありますので、日頃から自分の体調をこまめに観察し、異変に気がつけるようにしておくことが大切です。そして、妊娠高血圧症候群と診断された場合は、かかりつけ医の指導をしっかり受け、悪化させないように細心の注意を払いましょう。

妊娠高血圧症候群の治療法と予防について

塩

妊娠高血圧症候群と診断された場合、重症であれば安静を確保するために入院がすすめられます。血圧を下げるための降圧剤や、子癇を抑えるためのマグネシウム製剤が使われることもあります。

血圧が高くなりすぎる場合は、妊娠を終わらせることが一番適切な治療とされるため、母子ともに危険な状態になるのを避けるためにも帝王切開での出産になることもあります。入院する必要がないと判断された場合には、カロリーや塩分などの制限と安静によって経過を観察していきます。

妊娠高血圧症候群の原因はまだ解明されていないため、その予防法についても明確に効果があるとされるものはありません。しかし、妊娠高血圧症候群のリスクが高い糖尿病や高血圧の持病がある妊婦さん、高齢出産や多胎妊娠の妊婦さんにおいては、医師の指導のもと、規則正しい生活を心がけ、食べ過ぎや塩分の摂り過ぎを防ぐことが重要だと言われています。

しかし、極端なカロリー制限や塩分制限もよくありません。特に塩分制限については、最近の報告においてその効果を疑問視する声も出てきているようですので、塩分は1日に10g以下を目安とし、極端に制限し過ぎることのないように注意しましょう。食事について不安なことや疑問点などがあれば、かかりつけの産婦人科で相談してみましょう。

また、妊娠高血圧症候群の予防には葉酸を摂取することが効果的なのではないかという見方もあります。アメリカでの研究において、すでに葉酸は高血圧の予防に効果的と考えられていますが、それに加え、日本でも妊娠高血圧症候群の予防と葉酸サプリの関係について、現在研究が進められているところです。

ハッキリとした予防法が確立されていないとはいえ、サプリなどで葉酸とともにさまざまな栄養素をバランスよく取り入れることも、役に立つと言えるのかもしれませんね。

生活習慣と体調管理に気をつけましょう

葉酸サプリメントガイド さとみ

妊娠高血圧症候群は、重症になると母子ともに危険な状態となることもある怖い病気です。自覚症状もあまりなく、症状があらわれた時には子癇というけいれんが起こる前兆であったり、常位胎盤早期剥離という妊婦さんにも赤ちゃんにも非常に危険を及ぼす状態だったりすることもあります。

日頃から規則正しい生活やバランスの良い食事に気をつけることや、血圧を含め、自分自身の体調をしっかりと把握しておくことが重要です。

もともと高血圧や糖尿病といった持病がある妊婦さんだけでなく、高齢妊娠や多胎妊娠などの場合も、妊娠高血圧症候群を起こしやすいと言われています。また、家族に高血圧、または妊娠高血圧症候群の人がいる場合も、発症のリスクが高まるとされています。そして、ストレスや過労、睡眠不足などによって血圧の上昇やたんぱく尿が引き起こされることもあります。

妊娠高血圧症候群を予防するためには、自分だけは大丈夫だと思い込まず、全ての妊婦さんが生活習慣と体調管理に十分に留意する必要があると言えるでしょう。