無理な体重管理やダイエットは禁物

葉酸サプリメントランキング 「赤ちゃんのために知ってほしい、正しい葉酸の知識」

赤ちゃんのために知ってほしい
正しい葉酸の知識

CLEAR

妊娠中の体重管理、やりすぎはNG!

妊娠中、何かと気になる体重やカロリー。しかし、気にしすぎるあまり、極端な食事制限をして体重を減らしてしまったり、無理なダイエットをして赤ちゃんに負担をかけてしまったりするのは大問題!妊娠中の無理な食事制限やダイエットは、妊婦さんや赤ちゃんに悪影響をもたらす危険性もあるのです。

ここでは、妊娠中に妊婦さんがきちんと栄養を取らないと、母体や赤ちゃんにどんな影響があるのか、そして、それを防ぐための妊娠中の食事や運動の工夫についてお伝えします。

行き過ぎた体重管理が招くもの

妊娠中に体重が増えるのは、赤ちゃんや胎盤だけではなく、羊水や血液量の増加、子宮や乳房の増大、そして皮下脂肪の増加によるものです。これらを合わせて、平均して8kg前後は体重が増加すると言われています。

しかし、現在は妊娠中でもキレイでいたい、太りたくないと思うがゆえに、極端に体重を増やさないようにしてしまったり、食べる量を制限してしまったりする妊婦さんが増えているようです。また、最近は「小さく産んで大きく育てる」という言葉が出てきたように、赤ちゃんを小さく、楽に産みたいと考える妊婦さんもいるようです。

妊娠中、体重を増やし過ぎないことは確かに大切ですが、かといって増やさなければいいというわけではありません。妊娠中に母体が栄養不足になってしまうと、当然お腹の中の赤ちゃんにも栄養が届きにくくなります。胎児期に栄養不足になった赤ちゃんは、成長して大人になってから心筋梗塞や糖尿病にかかるリスクが高いという研究結果もあります。また、お腹の中で栄養が足りなかった赤ちゃんは、自らの細胞を減らして対応するという説や、生まれてから急激にたくさんの栄養を与えられることで、肥満になりやすいという説も出てきていることから、妊婦さんが過度な体重管理や食事制限をすることは、赤ちゃんを危険に晒す可能性があることがわかるでしょう。

もちろん、栄養が足りない状態では、妊娠中に大切になる葉酸も不足していることになります。葉酸は、赤ちゃんの体を作るために非常に大切な役割を果たす栄養素。近年では、葉酸が足りていなかった赤ちゃんは、遺伝子のはたらきを調整するメカニズムに変化があらわれ、生活習慣病になりやすいという考え方も出てきました。妊娠中の栄養状態は生まれてくる赤ちゃんの一生を左右するといっても、過言ではないかもしれません。赤ちゃんが生まれ、大人になってからも健康な体を維持するために、母親である妊婦さんは重い責任を担っているのです。

バランスの取れた食事と適度な運動が大切

よいペースで、そして適切な方法で体重を増やし、健康な体を維持することは、安産につながるだけでなく、赤ちゃんの健康を守っていくためにも大切なこと。そのためには、やはり食事と運動に気をつけなければなりません。ここでは、妊娠中にどんなことに気をつければいいのかをご紹介しましょう。

食事は3食きちんと、栄養バランスを考えて
妊娠中は、朝昼晩の3食をきちんと摂りましょう。栄養のバランスを考えて、ごはんやパンなどの炭水化物を主食とし、肉や魚などのタンパク質を主菜、野菜のビタミン、ミネラルを副菜で、それぞれ摂取できるようにしてみましょう。汁物は、野菜をたっぷり入れた味噌汁やミネストローネなどはいかがでしょうか。塩分には気をつけて味つけをしてみてくださいね。また、海藻、きのこ、こんにゃくなど、ローカロリーで栄養価の高いものを毎日の食事に利用するのもオススメです。
妊娠中も葉酸をしっかり摂取
栄養が不足すると、当然葉酸も不足してしまいますが、葉酸は特に、普段の食事からだけでは十分な量を摂取することが難しい栄養素です。栄養バランスが気になる人は、サプリなどを利用して、葉酸を補うことを心がけましょう。妊娠3ヶ月を過ぎてからの葉酸サプリメントランキング では、妊娠中期以降のオススメ葉酸サプリをご紹介していますので、合わせてご覧ください。
適度に体を動かしましょう
妊娠中だからといってダラダラせず、適度な運動を心がけましょう。体を動かすことは、体重管理だけではなく、体力をつけて、よりよいお産を迎えるためにとても大切です。マタニティヨガや、ウォーキング、ストレッチなど、自分が取り入れやすいものを少しずつ、無理のない範囲で進めてみてください。ただし、お腹が張るような激しい運動は厳禁です。心配なことがある場合は、かかりつけの産婦人科医に、どんな運動をどれくらいすればよいか相談してみましょう。

健康的な体重増加を目指しましょう

葉酸サプリメントガイド さとみ

体重を増やさないようにと細心の注意を払うことが赤ちゃんのためになるかと言ったら、必ずしもそうとは限りません。「妊娠しても出産しても、キレイなママでいたいから、体重は増やしたくない」「赤ちゃんが小さい方がお産が楽だから」などといった安易な考えは、自分だけでなく、赤ちゃんの健康をも損なう危険性をはらんでいることを、忘れてはいけません。

妊娠中に適切な方法で体重を管理し、食事や運動に気をつけることは、お腹の中の赤ちゃんの健康守ることに直結しています。妊婦さん自身の体だけではなく、赤ちゃんの一生の健康が、妊娠中の生活にかかっているのです。母親である妊婦さんはそれをしっかりと心に留めて、栄養バランスの取れた食事と、適度な運動を心がけていきましょう。