リストにして確認!出産の入院に必要な持ち物・あると便利なもの

葉酸サプリメントランキング 「赤ちゃんのために知ってほしい、正しい葉酸の知識」

赤ちゃんのために知ってほしい
正しい葉酸の知識

CLEAR

早めに確認!出産の入院準備、持ち物は?

出産まじかの妊婦

初めての出産にあたっては、入院の準備にやや戸惑ってしまう妊婦さんも多いのではないでしょうか。入院に際して必要なものについては、出産前に産院から伝えられるものの、マタニティ雑誌やインターネットの情報や口コミをもとに、あれは必要?これもあった方がいい?などなど、悩んでしまいますよね。

ここでは、出産のための入院で必要な持ち物や、あったら便利なものについてご紹介していきます。臨月に入る前に、しっかりと準備を整えておきましょう!

必ず持っていくものと出産に必要なもの

母子手帳

お産のための入院準備は、妊娠7ヶ月頃から徐々にスタートさせるとよいと言われています。これは、妊娠後期になるとトラブルが起こりやすくなり、思いがけず出産が早まることも珍しくないからです。そのため、いつ赤ちゃんが生まれてもおかしくない臨月に入る前までに、必要なものを揃えて、入院準備を完璧にしておきましょう。

入院する際に必要な持ち物は、産院によって違いますが、一般的に必要とされる持ち物を以下にあげてみましょう。

必ず持っていくもの

  • 母子健康手帳
  • 健康保険証
  • 診察券
  • 印鑑
  • お金
CLEAR

これらは、まとめて1つのセットにしておきましょう。入院の際の手続きや、赤ちゃんや妊婦さんの状態、処置などについて記載してもらうために必要です。また、入院中に売店で必要なものを買う時のために、現金も用意しておきましょう。

出産にあたって必要なもの

  • 時計
  • ストロー付きの飲み物
  • タオル
  • デジタルカメラ、ビデオカメラ
  • メガネ、メガネケース
CLEAR

出産にあたっては、陣痛の間隔をはかるための時計や、汗を拭くためのタオル、生まれたての赤ちゃんを撮影するためのカメラを持参します。出産の際はコンタクトレンズをはずさなければならないこともありますので、普段コンタクトレンズを使用している場合は、メガネとケースがあると便利です。また、ストロー付きの飲み物はどんな姿勢でも飲めるため、お産の最中だけでなく、産後も重宝します。

このほか、陣痛のいきみ逃しのためのゴルフボールや、リラックスするためのアロマオイル、暑さ対策にうちわや扇子を用意する妊婦さんもいるようです。

産後の入院生活にあたって必要となるもの

花

産後の入院は、分娩の形や体調にもよりますが、およそ5〜10日前後。その間に必要なものは、以下のとおりです。

入院中に必要なもの

  • 授乳口つきのパジャマ
  • 産褥ショーツ
  • 授乳ブラ、ハーフトップ
  • 産褥パッドまたは生理用ナプキン
  • 母乳パッド
  • 清浄綿
  • 赤ちゃん用爪切り
  • ガーゼハンカチ
CLEAR

パジャマをレンタルできる産院もありますが、そうでない場合は授乳口のついた前開きのパジャマを用意します。パジャマは母乳や汗、悪露で汚れることも多いため、2〜3枚あると便利。特に、トップの丈が長いタイプは産後の診察の際に重宝します。

産褥パッドや母乳パッド、清浄綿は、多くの産院で用意してくれますが、それでは足りなくなることもありますので、念の為に持って行きましょう。また、赤ちゃんに必要なものは基本的に産院におまかせできますが、意外に使う機会の多い爪切りやガーゼのハンカチは、自分で用意しておくといいかもしれませんね。

入院生活の必需品

  • マグカップ
  • 歯ブラシ、スキンケア用品、メイク用品
  • スリッパ
  • カーディガン
  • 筆記用具
  • 携帯電話、スマートフォン、充電器
CLEAR

入院生活においては、自分が使うマグカップや洗面用具などを用意します。また、季節に応じて、上にサッと羽織れるカーディガンのようなものがあるとよいでしょう。お見舞いの方が来た時にも便利です。

また、入院中は授乳や沐浴、今後の育児や生活についての指導がありますので、必要なメモを取れるよう、筆記用具は忘れずに用意しましょう。そして、家族と連絡が取りやすいよう、携帯電話やスマートフォンを持っていると安心ですね。ただし、使用する場所や時間には配慮しましょう。

あると便利なものと退院に際しての準備

ベビー服

必須とはいえないものの、入院中に手元にあると便利なものもあります。

また、退院に際して必要となるものもありますので、以下をご参考に、自分なりに準備をすすめてみましょう。



あると便利なもの

  • 汗拭きシート
  • リップクリーム、ハンドクリーム
  • 耳栓、アイマスク
  • 携帯用の小さなカバン
  • むくみ防止ソックス
  • ドーナツクッション
  • 骨盤ベルト、産褥ニッパー
  • おやつ
CLEAR

ボディ用の汗拭きシートは、帝王切開後にシャワーを浴びることができないママのリフレッシュに最適。また、病院の中は乾燥しますので、リップクリームやハンドクリームで対策するとよいでしょう。大部屋の場合は、隣の人や来客の話し声などが気になってゆっくり休めないこともありますので、耳栓やアイマスクを利用するのも良い方法です。

そのほか、産後のむくみ対策や体型戻しのためのグッズを持参したり、会陰切開後に備えてドーナツクッションを用意したりするママもいるようです。そして、何かと忙しい入院中、つかの間のリラックスタイムを過ごすために、好きなおやつを用意していくのもオススメですよ。

退院時に必要なもの

  • おむつ、肌着
  • ベビードレス、帽子
  • おくるみ
  • ママの洋服、靴
  • チャイルドシート
CLEAR

入院中は、産院で赤ちゃんのおむつを用意してくれることが多いと思われますが、退院に際しては2〜3枚自分で用意すると、急に汚した時も安心です。退院時には、赤ちゃんにはベビードレスを着せますので、肌着も合わせて準備しましょう。

ママは普段着でOKですが、産後とはいえ、体型が戻るまでにはまだ時間がかかりますので、ゆったりめの服を用意するといいかもしれません。また、退院後に自家用車で自宅に戻る場合は、チャイルドシートを忘れずに装着しておきましょう。

早めの準備で安心して出産・入院に備えましょう

葉酸サプリメントガイド さとみ

初めての出産・入院となると、必要なものをあれこれ考えるだけでも頭が一杯になってしまいますよね。ここであげたものを全て準備しなければならないわけでははありませんので、必ず持って行くもののほかは、自分で必要なものをピックアップしてリストに書き出し、臨月に入るまでには全て揃えるようにしておくといいでしょう。

また、身近に出産を経験した先輩ママがいる場合には、どんなものが必要だったか、あると便利なものは何か、事前に話を聞いておきたいですね。特に、同じ産院に入院したママがいると心強いもの。実際の経験や口コミには、本やネットだけではわからない情報もたくさんありますので、先輩ママの話もぜひ参考にしてみましょう。

お産は、いつ何が起こるかわかりません。早め早めに準備をすすめ、安心して、落ち着いて出産に臨めるようにしておきたいですね。