葉酸の効果

葉酸サプリメントランキング 「赤ちゃんのために知ってほしい、正しい葉酸の知識」

赤ちゃんのために知ってほしい
正しい葉酸の知識

CLEAR

葉酸の大切さ、理解していますか?

「妊婦さんは葉酸を摂りましょう」「妊娠する前から葉酸サプリを飲みましょう」こんな言葉が雑誌やインターネット上で飛び交うようになって、だいぶたちました。今や、妊活中の女性、そして妊娠中の女性にとって、葉酸は大切な栄養素であることは常識となりつつあります。

それでは、その葉酸はどういった効果をもたらしてくれるのか、きちんと理解できているでしょうか? ここでは、葉酸の効果、葉酸サプリを摂取することによって得られる作用などについて、少し詳しくおさらいしてみましょう。

神経管閉鎖障害のリスク低減のために

妊娠を希望している女性や、妊娠初期の女性に葉酸の摂取がすすめられている大きな理由は、生まれてくる赤ちゃんの神経管閉鎖障害を発症するリスクを低減するためです。

神経管閉鎖障害とは、ちょっと聞き慣れない病名かもしれませんね。これは、赤ちゃんの脳や脊髄などの元である「神経管」が作られる頃、妊娠4〜5週目頃に発症する先天異常です。何らかの原因で、神経管が上手く作られなくなることにより、赤ちゃんに歩行障害や直腸機能障害などが発生する二分脊椎症や、脳が欠損してしまう無脳症といった、重大な病気が引き起されます。

この神経管閉鎖障害の原因のひとつに、葉酸の摂取不足があげられているのです。葉酸には、細胞の増殖に必要なDNAの合成をサポートする、大切なはたらきがあります。そのため、赤ちゃんの細胞分裂が非常に活発な妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、神経管閉鎖障害のリスクが高まることが、多くの研究から明らかになっています。

欧米諸国で行われた疫学調査では、受胎前後に葉酸を十分に摂取することにより、神経管閉鎖障害のリスクを大幅に低減できることが示されました。葉酸は、赤ちゃんの健やかな成長を守る、非常に大切な栄養素なのです。

赤ちゃんの神経管閉鎖障害が発症するのは、受胎後から妊娠4〜5週にかけてという、ごく初期の段階です。そのため、妊娠を望む女性は、できるだけ早いうちから葉酸サプリなどを利用して、体の中に十分な量の葉酸を蓄えておく必要があると言われています。

しかし、ここで注意しなければならないのは、葉酸はあくまでも「神経管閉鎖障害のリスクを低減させる」ものであるということ。葉酸は薬ではありません。摂取すればこうした先天異常が必ず防げるわけではないことは、きちんと頭に入れておきましょう。

時期に合わせた葉酸サプリ選びが大切

このほかにも、葉酸には次のような効果が期待できると言われています。

  • ・子宮内膜の状態をととのえ、受精卵が着床しやすい状態にする
  • ・細胞分裂をサポートし、赤ちゃんの成長を促す
  • ・正常な赤血球をつくり、貧血を予防する
  • ・高血圧や心臓病を予防する
  • ・自律神経のバランスをととのえる

そのため、妊娠前や妊娠初期だけではなく、妊娠期間中、授乳期間中にも積極的に摂取することがすすめられているのです。

厚生労働省が毎年発表している「日本人の食事摂取基準」によれば、妊娠前や妊娠初期の女性が摂取するべき葉酸の量は、通常の食事から摂取する葉酸240μgに加えて、サプリメントなどの健康食品から400μg。妊娠中はこれよりやや少なくなり、食事とサプリメントなどを合わせて480μg、授乳期間中は同様に340μgの葉酸を摂取することが推奨されています。

この量を目安に葉酸を摂取できるように、上手に葉酸サプリを選んでみましょう。どの葉酸サプリがいいのかよくわからないという人は、人気の葉酸サプリメントで上位のサプリのレビューなどをご覧くださいね。

葉酸の効果を十分に理解しましょう

葉酸サプリメントガイド さとみ

葉酸は、妊娠極初期において、赤ちゃんの正常な細胞分裂を促し、神経管閉鎖障害という重い先天異常のリスクを低減させる効果があると言われています。そのため、妊娠前から葉酸サプリなどを利用し、積極的に葉酸を摂取することがすすめられています。

神経管閉鎖障害のひとつ、二分脊椎症の発症率は、1万人に4〜5人と言われています。この数値は、世界的に見るとそれほど低いものではありません。むしろ、積極的に葉酸の摂取を推奨し続けてきた諸外国と比較して、葉酸の重要性についての情報発信や、摂取推奨の動きに遅れを取った日本のこの発症率は、やや高い水準であると言わざるを得ないのです。

厚生労働省でも、引き続き葉酸の摂取をすすめているところではありますが、妊娠を考えている女性、妊娠中の女性一人ひとりが、葉酸の大切さをしっかりと理解し、必要な量をしっかり摂取する努力をすることが大切です。そのためにも、ぜひ葉酸サプリを役立てましょう。