葉酸サプリの「無添加」とはどういうこと?

葉酸サプリメントランキング 「赤ちゃんのために知ってほしい、正しい葉酸の知識」

赤ちゃんのために知ってほしい
正しい葉酸の知識

CLEAR

無添加の葉酸サプリって、どんなもの?

葉酸サプリにはどんなものがあるのかと、雑誌やインターネットなどを見ていると目につくのが「無添加」の文字です。無添加という言葉からは、安心・安全、体に悪い影響が少ない、などというイメージが湧いてきますが、実際に、無添加であることは、どういうことなのでしょうか?

ここでは、無添加の葉酸サプリとはどんなものか、本当の意味での無添加とは何なのかを、考えてみたいと思います。

「無添加」って一体どんなこと?

サプリメントは、一般的にビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養素を粉末や錠剤などに加工して、補いやすくしたものです。こうした加工をする上で、添加物を使用することは欠かせません。もし添加物を使わずにサプリメントを作ろうとしたら、上手く固まらなかったり、材料が均一に混ぜ込まれなかったり、あるいは品質が劣化しやすくなってしまったりすることが考えられます。

しかし、葉酸サプリの中には「無添加」と言われているものがありますね。添加物を使わなければ作ることのできないサプリメントなのに、なぜ「無添加」と表示されているのでしょうか?

それは、「無添加」の定義が非常に曖昧で、幅広いことが原因です。無添加とは、すべての添加物が使われていない、という意味ではありません。着色料、保存料、香料、甘味料など、さまざまな添加物のうち、どれか一つでも使っていなければ「無添加」と表示することができてしまうのです。そのため、「無添加」と書かれているのに、実際は添加物が使われていた、という誤解を生むことも少なくありません。まずは、無添加と表示されているからといって、必ずしも添加物が全く使われていないわけではないことを、知っておきましょう。

何が無添加なのかをよく確認しましょう

もちろん、葉酸サプリを飲む女性としては、使われる添加物は少ない方がいいに決まっていますよね。香料や着色料、漂白剤、防カビ剤といった、不要と思われる添加物は、できるだけ避けたいと思うことでしょう。必要なもの以外の添加物が少ない、または配合されていない葉酸サプリを選ぶためには、自分自身で、葉酸サプリに使われている原材料や成分をチェックすることが大切です。

葉酸サプリを選ぶにあたって、「無添加」の表示は何度も目にすることでしょう。その時、私たちは「何が無添加なのか」「どういった添加物を使っていないのか」に注目する必要があります。まず、無添加の表示がある場合は、細かい記述にも注目し、「〇〇剤無添加」「合成添加物無添加」など、その無添加がどういった意味で書かれたものなのかを読み取りましょう。

また、妊婦さんが飲む葉酸サプリは、化学合成された添加物ではなく、食品などの安全な原料から作られた添加物が使われていることが多くあります。添加物=危険というわけではなく、何から作られたものなのかを意識して確認することも、大切です。

単純に「無添加だから安心」と思い込まずに、一歩踏み込んで、何が無添加なのかをしっかりと考えた上で、本当に安心できる葉酸サプリを選びたいですね。当サイトでは、葉酸サプリに配合されている成分の安全性に注目した安全性の高い葉酸サプリメントランキングも公開していますので、こちらもご参考にしてください。

添加物の表示に注目してみましょう

葉酸サプリメントガイド さとみ

これから生まれる赤ちゃんのためにも、多くの女性は、葉酸サプリは安心できるものを選びたい、と思うことでしょう。そう考えていると、葉酸サプリのサイトや雑誌、インターネットなどで目にする「無添加」の表示に、心を奪われるものです。しかし、葉酸サプリを選ぶにあたっては、その「無添加」が一体何を意味しているのか、サプリを利用する人自身がしっかりと考えなければなりません。

サプリメントを作る上では、形を整えたり、品質を保ったりするための添加物は必要不可欠です。こうした添加物にはどんなものが使われているのか、その添加物の安全性は高いのか、ということも合わせて、葉酸サプリの原材料表示をしっかり確認してみましょう。また、「無添加」という表示がある場合には、どの添加物が使われていないのか、しっかり理解する必要があります。

表示だけの「無添加」に踊らされず、添加物の役割を理解した上で、不要な添加物を使っていない、安心できる葉酸サプリを選びましょう。