葉酸サプリメントとは

葉酸サプリメントランキング 「赤ちゃんのために知ってほしい、正しい葉酸の知識」

赤ちゃんのために知ってほしい
正しい葉酸の知識

CLEAR

葉酸サプリの特徴を知ろう!

妊活中、妊娠初期には、サプリメントなどの健康食品から葉酸を摂取することがすすめられています。しかし、雑誌やインターネットなどを見ても、さまざまな葉酸サプリが目に入り、どれがいいのかわからなくなってしまいますね。

「葉酸を配合したのが葉酸サプリなんだから、どれでもいいんじゃない?」と思ってしまいそうですが、実際に葉酸サプリを選ぶ前に、葉酸サプリとは一体どのようなものなのかを、ここで少しだけご一緒に考えてみましょう。

葉酸にも種類があるの!?

葉酸サプリメントは、葉酸を効率よく摂取できるように、吸収率の高い葉酸を凝縮してタブレットやカプセルに加工したものです。それでは、この「吸収率の高い葉酸」とは、何のことなのでしょうか?

葉酸には、大きく分けて「ポリグルタミン酸型葉酸」と「モノグルタミン酸型葉酸」の2種類があります。まずは、それぞれの特徴について簡単にあげてみましょう。

ポリグルタミン酸型葉酸
野菜、果物などの食品に含まれる葉酸であり、天然葉酸と言われることもあります。
モノグルタミン酸型葉酸
人工的に作り出した葉酸であり、合成葉酸と言われることもあります。

一見すると、食品に含まれるポリグルタミン酸型葉酸の方が良さそうに思われるかもしれません。しかし、このうち、ほとんどの葉酸サプリに利用されている吸収率の高い葉酸というのが、モノグルタミン酸型葉酸なのです。

その理由は、ポリグルタミン酸型葉酸とモノグルタミン酸型葉酸の吸収率の違いにあります。食品に含まれるポリグルタミン酸型葉酸は、吸収率が50%程度と言われています。一方、葉酸サプリに使われるモノグルタミン酸型葉酸の吸収率は、85%程度ですから、どちらがより体内に吸収されやすいかは一目瞭然ですね。葉酸サプリメントは、少しでも効率のよい葉酸摂取を目指して作られたものなのです。

厚生労働省が推奨する葉酸の摂取方法

厚生労働省では、妊娠を希望する女性や妊娠初期の女性に対して、「通常の食事からの葉酸摂取に加えて、いわゆる栄養補助食品から1日400μgの葉酸を摂取するように」と通知しています。この「いわゆる栄養機能食品から」という部分が、葉酸サプリメントを指していることがわかります。

妊娠前〜妊娠初期に必要な葉酸の量を考えると、食事からだけでは十分な量を補うことはできません。葉酸は水溶性ビタミンであることから、調理によって失われやすいという特徴があります。また、食品に含まれるポリグルタミン酸型葉酸の吸収率は50%程度と言われています。たとえ食品から400μgの葉酸を摂取しても、そのすべてが体内に吸収されるわけではありません。これでは、赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを低減するために必要とされる葉酸の摂取量には、届かないのです。

実際に、諸外国で行われた葉酸と神経管閉鎖障害のリスク低減に関する調査結果は、モノグルタミン酸型葉酸によるものだとされています。そのため、厚生労働省でも吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を利用して、葉酸を摂取することをすすめています

当サイトでご紹介している人気の葉酸サプリメントは、そのほとんどがモノグルタミン酸型葉酸を使ったものです。妊活中、あるいは妊娠中の女性のみなさんは、ポリグルタミン酸型葉酸とモノグルタミン酸型葉酸の違いをしっかりおさえて、自分に本当に必要な葉酸サプリを選んでみてくださいね。

今、確実に葉酸を摂取するために

葉酸サプリメントガイド さとみ

一口に葉酸といっても、実際には食品に含まれるポリグルタミン酸型葉酸と、科学的に合成されたモノグルタミン酸型葉酸といったように、それぞれ違うものがあります。多くの葉酸サプリは、このうちのモノグルタミン酸型葉酸を使った作られたもの。吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸は、厚生労働省でも妊娠前から摂取することをすすめています。

葉酸の実際の吸収率を考えると、必要な量の葉酸を確実に摂取するためには、モノグルタミン酸型葉酸が配合された葉酸サプリを利用することが大切になります。食事から摂取するポリグルタミン酸型葉酸が必要であることには変わりありませんが、葉酸のはたらきが最も重要となる、赤ちゃんの神経管が発達する妊娠ごく初期においては、食品からできるだけ多く葉酸を摂取するとともに、葉酸サプリも積極的に利用してみましょう。